SOUTHERN SUDAN by George Rodger

スーダンの中心、白ナイル川の西には、時の流れに取り残されたような、不可思議で非現実的な土地がある。」― ジョージ・ロジャー

国際的写真家集団「マグナム・フォト」の設立に参画したイギリス人フォトグラファー、ジョージ・ロジャー(George Rodger)の作品集。凄惨極まりないビルマの戦いや、1945年ベルゲン・ベルゼン強制収容所が解放された際に発見された目を覆うような死体の山々や骨と皮ばかりにやせ細った生存者たち ― そんな第二次世界大戦が引き起こした最も残虐な行為の数々を、マグナム・フォトが創設されたばかりの1939年から1947年にかけて作者はライフ誌の戦争特派員として撮影してきた。1948年初頭、人間の野蛮さから少し離れた主題を求め、スーダン政府の許可を得た初めての写真家として、スーダン中央の旧コルドファン州にあるヌバ山地の先住民族やラトゥカ族、スーダン南部の部族などを撮影。20世紀にサブサハラアフリカで撮られたイメージの中でも最も大きな影響力と歴史的重要性を持つイメージをいくつも残した。本作は、2018年11月から2019年1月にデイビッド・ヒル・ギャラリー(ロンドン)で開催されている展覧会に伴い出版された。

In the heart of the Sudan, and to the west of the White Nile, there is a strange and unreal land which the hand of time has hardly touched in passing.” - George Rodger

Between 1939 and 1947 founder member of the newly formed Magnum Photos, George Rodger served as a war correspondent for Life magazine, covering some of the most violent atrocities of the second word war: from the brutality of the Burma campaign, to horrific piles of corpses and desperately emaciated survivors discovered at the Bergen-Belsen concentration camp after its liberation in 1945. At the start of 1948, in search of something less barbaric, Rodger arranged with the Sudanese government to be the first authorised photographer to document indigenous people of the Nuba mountains, in the former central Sudanese province of Kordofan, and the Latuka and other tribes of southern Sudan. In doing so, he created some of the most historically important and influential images taken in sub-Saharan Africa during the twentieth century. Southern Sudan is released to coincide with an exhibition of the same name at David Hill Gallery, London, opening on 2nd November until 25th January.

by George Rodger

REGULAR PRICE ¥5,500

hardcover
88 pages
280 x 220 mm
black and white
2018

published by STANLEY/BARKER