WOMEN'S MARKET by Tom Wood

アイルランド人フォトグラファー、トム・ウッド(Tom Wood)の作品集。1978年から1999年までの約20年間、作者は毎週土曜の午前中はリバプールのグレートホーマーストリートマーケット(Great Homer Street Market)で過ごしてきた。街の中心から程よく離れたこの市場には、他では味わうことができないリラックスした空気が流れていた。作者は、買い物客が友達や家族と連れ立ってマーケットをそぞろ歩いたり、掘り出し物を見つけたりする様子をライカのカメラと使用期限の切れたフィルムを使い、生き生きとしたリアルなイメージで残した。

グレートホーマーストリートマーケットに私を初めて連れて行ってくれたのは、リバプールのディングル地区出身だった当時のガールフレンドでした。その時私は、毛織のダブルジャケットの3ピーススーツを2着と、3つボタンのジャケットに裾の折り返しがついたパンツのピンストライプスーツ1着をしめて4ポンドで買いました。『なんて素晴らしいマーケットなんだろう!』と思ったもんです。その時は規模が大きく通りの両側に店がひしめいていましたが、私が写真を撮り始めた頃にはもう古着は姿を消していました。それでもこのマーケットには、何世代にも渡って『グレイティー』に通ってきた母親やその娘たちが相変わらずひしめきあっていたのでした。」- トム・ウッド

From 1978 to 1999 British photographer Tom Wood spent his Saturday mornings at Great Homer Street Market, a retail market, just far enough outside the centre of Liverpool in the North of England, for it to have it’s own unique, more relaxed identity. Complete with his Leica and out of date film, Wood made vibrant photographs of the shoppers as they hunted for bargains and met up with friends and family.

“I was first introduced to Great Homer Street market in 1975, by a girlfriend with family in Dingle, Liverpool. At that time, I bought two double breasted Worsted wool three piece suits and a three buttoned pin stripe suit with turn ups, for a total of four pounds. I thought, “what a great market!” It was vast then down both sides of the street, but by the time I began to photograph the second-hand clothes had all but disappeared. Yet the market was still crowded with the same mothers and daughters who for generations had frequented “Greatie” - Tom Wood

by Tom Wood

REGULAR PRICE ¥6,800

hardcover
104 pages
247 x 305 mm
color
2018

published by STANLEY/BARKER