1969 (REDUX) by Bob Nickas [SIGNED]

アメリカ人キュレーター、 Bob Nickas(ボブ・ニッカス)の作品集。作者が1969年の個展と1991年にニューヨークの「Daniel Newburg Gallery」で開催した展覧会の際にコピー機で制作し、長らく絶版となっていたカタログを再現した1冊。単なる複製ではなく、作者自身が書き下ろした詳細なエッセイに加え、作者のイメージコレクションからオリジナル版には使われなかった素材を収録。限定150部発行、カバーには手作業でスタンプが押されている。最初の69部は著者のサインとシリアルナンバー入り。社会が大きく変化し不安に満ちていた時代に、反対意見の表明は不均衡を正し、世界を再び正常な状態に戻すための手段と考えられていたのかもしれない。1969年で終ったとはいえ、あの激動の10年の余波が突然消えてしまう訳はなかった。より大きな社会という分脈において時代の区切りとは単なる数字上の問題に過ぎない。大みそかのカウントダウンのようなもので、これから起きることへの期待と終わったことへの安堵感、あるいは一見楽観的な雰囲気の中でクライマックスに向けて盛り上がっていったとしても、実際に流れた時間はそれほどでもないのである。1969年12月31日と1970年1月1日の差はほんの数秒。それはどの新年でも同じで、目で見てすぐに分かる変化といえばキッチンの壁にかかっているカレンダーくらいのものである。しかし、少なくとも振り返ってみれば特別な1年だった1969年も、退屈しきった当時の若者にとっては代わり映えのしない1年だった。ザ・ストゥージズのファーストアルバムがリリースされた年をタイトルに掲げたイギー・ポップの「1969」は、政府への不満をスローガンに変えた。物憂げかと思えばキレッキレのギターがノリのいいバンドのグルーヴをかき消し、歌うというよりもつぶやいているような感情の起伏を抑えたボーカルが最後には激しくシャウトし、侮蔑的な音を長々と出して終わる。イギー・ポップらしい破天荒なパンクぶりだ。

1969年。アメリカ中にまた新しい年がやってきた。俺にもお前にも、何もすることのない1年が」-ザ・ストゥージズ「1969」

American Art Catalogues is pleased to announce 1969 (redux) by Bob Nickas. This is a facsimile of the long out-of-print xerox catalogue he published on the occasion of his show 1969, at Daniel Newburg Gallery in New York in 1991. More than a facsimile, there is a new in-depth essay by Nickas, and visual material collected at the time that was not used for the original publication. Printed in an edition of 150, with a hand-stamped cover, the first 69 copies will be numbered and signed by the author. Preorders available through our website next week.

In a period of seismic disturbance within the society, dissent could be seen as a means to redress imbalance, to put the world right again. Although a decade had come to an end in 1969, its turbulence would not suddenly subside. Against the larger social landscape, time-keeping was no more than a matter of numeration, as with a countdown on New Year’s Eve, its volume rising equally in an expectation for what was to come as in relief for what was jettisoned, or in a buoyant state only seemed to be, for even the distance traveled was not very far. December 31, 1969 and January 1, 1970 were only seconds apart. As with any year’s passing, the immediately noticeable change would be the calendar on the kitchen wall. But 1969, at least in hindsight, wasn’t just any year, although to some in the moment, to bored and disaffected youth, it was. Iggy Pop’s song, “1969,” which definitively dated the release of the first Stooges album, turned disaffection into a rallying cry, the band’s hip-shake groove offset by an alternately languid, razor sharp guitar, and an impassively delivered vocal, more spoken than sung, that ends in a heated snarl, a rude raspberry expelled for good measure—Iggy, a bratty punk to be sure.

Well it’s 1969 okay / All across the USA It’s another year for me and you / Another year with nuthin’ to do.

by Bob Nickas

REGULAR PRICE ¥5,500  (tax incl.)

softcover
124 pages
280 x 215 mm
black and white
limited edition of 150 copies
2020

SIGNED & NUMBERED BY BOB NICKAS

published by AMERICAN ART CATALOGUES