CARROUSEL CONFESSIONS CONFUSION 2 by Inge Vinck, Momoyo Kaijima, Roger Boltshauser

ベルギー人建築家のインゲ・ヴィンク(Inge Vinck / architecten de vylder vinck taillieu)、日本人建築家の貝島桃代(Atelier Bow-Wow)、スイス人建築家のロジャー・ボルツハウザー(Roger Boltshauser / Boltshauser Architekten)の作品集。ベルギー人建築家、ヤン・デ・ヴィルダー(Jan de Vylder / architecten de vylder vinck taillieu)が声をかけた友人や同じ建築家によって、自らの最も重要なインスピレーション源について自由にページを埋めた64ページのzineフォーマット出版プロジェクト。2号目である本書では、インゲ・ヴィンクがフランス人建築家のパトリス・モッティーニ(Patrice Mottini)による「Maison Solaire(太陽の家)」について、貝島桃代がベルギー人建築家のルシアン・クロール(Luicen Kroll)による「ルーヴァン・カトリック大学学生寮」について、そしてロジャー・ボルツハウザーがドイツ人アーティストのオットー・ミューラー(Otto Mueller)、スイス人彫刻家のトゥルーディ・デムート(Trudi Demut)、ハンス・ヨゼフソン(Hans Josephson)の芸術についてそれぞれ紹介。建築家たちが自身のテキストとプラン、ドローイング、スケッチなどの資料を彼らなりの方法でレイアウトし、インスピレーション源をベルギー人写真家のフィリップ・デュジャルダン(Filip Dujardin)が写真で記録、そしてスイスを拠点とする建築史家のマールテン・デルベケ(Maarten Delbeke)がそれぞれの作品が持つ歴史的意義、そして現代においてそれらが持ち続ける価値を文脈化する。上記3冊のzineが一つのボックスに収納。

A publication project by Jan de Vylder. In a 64 pages in zineformat on invitation of the Ghent architect and ETH professor, friends and colleagues each receive Carte Blanche to present important and significant influences on their work. In this second season, Inge Vinck presents Patrice Mottini's Maison Solaire, Momo Kaijima the house La Mémé by Luicen Kroll, and Roger Boltshauser works of art by Otto Mueller, Trudi Demut and Hans Josephson. The architects present the unusual positions with their own texts and source materials like plans, drawings, sketches, the projects are documented photographically by Filip Dujardin, and finally each of them is contextualized by the architectural historian Maarten Delbeke, who contextualizes the works both in their historical significance and their contemporary echo.

by Filip Dujardin , Inge Vinck , Momoyo Kaijima , Roger Boltshausen

REGULAR PRICE ¥5,500

3 softcover in a slipcase
64 pages each
227 x 176 mm
color, black and white
2020

published by WALTHER KÖNIG