DO INSECTS PLAY? by Johanna Tagada

イギリスを拠点に活動するフランス人アーティスト、ジョアンナ・タガダ(Johanna Tagada)の作品集。いつでも遊び心を忘れず、自身の置かれた環境に強く意識を傾けて制作に取り組む作者の活動、作品を理解する手がかりとなる一冊。収集した紙、絵画、テキスタイルで構成された現在も継続中のシリーズ『Cocooning』。そこからテーマに沿って選ばれた柔らくも力強いコラージュと、綿と水を再利用して作る新作『To End is to Start』の一部を収録。収録作品は全て2018-19年の間に、南インドでのアーティスト・イン・レジデンスにて制作された。ここで作者は手漉き紙制作の知識と技術を深めた。自身で書き記した短いストーリーが添えられることで、ページの中で優しい旋律が流れているような効果を感じさせる。

本作は、写真作品を中心とした作品集を刊行するフランスの出版社CHOSE COMMUNEが手がけるシリーズ「Coup de Crayon」の第3作目。本シリーズは写真から離れ、ペインティング、ドローイング、コラージュ作家それぞれの描き下ろし作品で構成されており、2019年はジョアンナ・タガダのほか、1作目にイリス・デ・ムウイ(Iris de Moüy)、2作目にはナタリー・ドゥ・パスキエ(Nathalie Du Pasquier)が参加する。


EXHIBITION
Johanna Tagada「Tamil Diary」
会期:2019年8月31日(土) - 9月28日(土)
時間:12:00 - 20:00
会場:東塔堂 | Totodo
日曜定休
詳細

「Poetic Pastel Group Exhibition ‒ Tea Today」
会期:2019年8月30日(金) - 9月13日(金)
時間:13:00 - 20:00
会場:Nidi Gallery
水曜定休
詳細


Do Insects Play?’ is an insight into French artist Johanna Tagada’s playful and mindful practice, one that is frequently informed by the environment in which she finds herself. The artworks contained in this book are a curated selection of soft and vibrant collages from the ongoing series Cocooning – composed of various found papers, paintings and textiles, along pieces from To End is to Start, a new body of works created out of repurposed cotton fibres and water. The pieces have all been produced during a 2018 – 19 residency in South India where Johanna Tagada deepened her knowledge and practice of hand papermaking. A short story by the artist is presented alongside the artworks, appearing as a gentle melody dancing throughout the pages.

The Coup de Crayon collection presents the personal work of artists practising painting, drawing or collage. For 2019, Coup de Crayon invited Iris de Moüy, Nathalie du Pasquier and Johanna Tagada to imagine a series as a book.

by Johanna Tagada

REGULAR PRICE ¥5,000

hardcover
64 pages
170 x 225 mm
color
2019

published by CHOSE COMMUNE