FERNWEH by Teju Cole [SIGNED]

アメリカ人作家、フォトグラファー、美術史家であるテジュ・コール(Teju Cole)の作品集。絵のように美しい景色と表面上の安定性を持つスイスは、現代写真において捉え所のないテーマとされてきた。本作は、5年(2014–2019)の歳月をかけて他に類を見ない新しい見方で2世紀近くも典型的な観光地とされてきたこの国を捉えた。この作品は「どこか別の所へ行きたいと強く願う」ことを意味するドイツ語の単語「Fernweh」への深い省察から生まれた。カラーフィルムで撮られた瞑想的で綿密に構成された作品は、このアルプスの国の隠された歴史と表すと共に、細やかに管理が行き届いた土地であることに気づかせる。何年もの間、繰り返しスイスを訪れることで完成させた本作に見られる粘り強さと穏やかな色彩は、ヨーロッパ現代写真の主流になっているスタイルと共通しているが、これらの作品の持つ構成主義的な緊張感は作者だけのものである。ヴォー州、グラウビュンデン州、ルガーノと、スイスの至るところで撮影された写真を通じて、作者は自分自身の独特なものの見方を表現するというよりも、ほとんど人がいないのに人の痕跡が豊富に残されている場所としてスイスを描き出している。

MACKタイトル を 10,000円(税別)以上ご購入の方全員に、MACK 設立10周年記念トートバッグをプレゼントいたします。ご購入予定のMACKタイトルと併せてカートに入れて決済をお進めください。

The picturesque vistas and apparent stability of Switzerland have made it an elusive subject for contemporary photography. Over a five-year period (2014 – 2019), Cole found a distinctly new way to look at a country that has been the quintessence of tourist experience for almost two centuries. Fernweh muses on the German word for a longing to be elsewhere. Cole’s meditative and scrupulously composed work, made with colour film, is evocative of the hidden history of the Alpine nation as well as of its highly curated terrain. Returning to Switzerland year after year, Cole shares the patience and mild palette of luminaries of contemporary European photography — but the constructivist tension in these images is all his own. With photographs shot in every corner of the country — from Vaud to Graubünden to Lugano — Fernweh creates a vision of Switzerland that, though largely devoid of human presence, is rich in human traces; none more so than Cole’s own distinct way of seeing.

GET FREE MACK TOTE BAG - BUY MACK TITLE(S) OVER 10,000 yen *Please add 'MACK 10 YEAR ANNIVERSARY TOTE BAG' to your cart and check out with MACK title(s) which you would like to purchase.

by Teju Cole

REGULAR PRICE ¥7,000

hardcover
220 pages
210 x 310 mm
color
2020

SIGNED BY TEJU COLE

published by MACK