LUNARIO, 1968-1999 by Guido Guidi

イタリア・チェゼーナ出身のフォトグラファー、グイド・グイディ(Guido Guidi)の作品集。数十年をかけて完成したプロジェクトをまとめた1冊。伝統的なアメリカの暦本としてある「オールド・ファーマーズ・アルマナック」から名付けられた本書は、月に関する幾つものシリーズがまとめられている。1960年代後半から1970年代前半に制作されたこれら初期作品は、歪みや実験、幻想をテーマとし、魚眼レンズを入手してからはこのテーマを更に発展させていった。女性の顔、あるいは光と影の狭間を捉えたもの、子どもが遊ぶためのボール、月の物理的なシルエットなどが反復して登場する。1980年代に入ると、月の表面のように何もない風景をカラー写真がとって変わる。この作品シリーズは、1999年8月11日の部分日食で最高潮に達する。本書を通じて作者は、スタイルとテーマの両方のインスピレーションの源としてメランコリーと狂気、気まぐれさを象徴とし日々の暮らしは一時的なものに過ぎないことを常に思い出させる「月」に立ち戻っている。

MACKタイトル を 10,000円(税別)以上ご購入の方全員に、MACK 設立10周年記念トートバッグをプレゼントいたします。ご購入予定のMACKタイトルと併せてカートに入れて決済をお進めください。

A project composed across several decades, Guido Guidi's Lunario takes the name of a traditional farmer’s almanac to bring together several strands of work all relating to the moon. Distortion, experimentation and illusion inform Guidi’s earlier work of the late 1960s and early 1970s, further developed by the introduction of a fish-eye lens. The moon’s physical form echoes throughout the works: in a woman’s face, or a child’s playing ball caught between light and shadow. Guidi’s barren, lunar landscapes give way in the 1980s to colour photographs, all of which culminate in the dramatic partial solar-eclipse of August 11, 1999. Throughout Lunario, Guido Guidi comes back to the moon as a source of stylistic and thematic inspiration: a symbol of melancholy and madness, changeability and a constant reminder of the transience of everyday life.

GET FREE MACK TOTE BAG - BUY MACK TITLE(S) OVER 10,000 yen *Please add 'MACK 10 YEAR ANNIVERSARY TOTE BAG' to your cart and check out with MACK title(s) which you would like to purchase.

by Guido Guidi

REGULAR PRICE ¥7,000

hardcover
104 pages
300 x 300 mm    
color
2020

published by MACK