PORTRAITS AND DREAMS by Wendy Ewald

アメリカ人フォトグラファー、ウェンディ・エワルド(Wendy Ewald)の作品集。1975年、アパラチア地方のど真ん中にやってきた作者は、地元の小学生たちの生活、心に秘めた夢や恐怖を明らかにすることを目的としたプロジェクトを開始した。子供たちの生活を嘘偽りなく表現する方法を見つけようとした作者は、子供たち1人1人にカメラを渡し、インタビューを敢行し、山の中で過ごす子供時代について聞いた。インタビューの内容は非常に興味深く、書き起こしたテキストや写真からは、子供たちの目を通した家族生活が浮かび上がってくる。子供たちは、田舎の家庭の毎日をはっとするほど率直に深く理解している。カメラという全く新しい手段を見出した子供たちは、愛、喪失、暴力、死、新しい人生など、人生の最も神秘的な現実について雄弁に語る。このイメージは、子供たちが自分なりに世界を理解し、それを表現豊かに伝えることができることを示しているだけでなく、子供たちに写真という媒体の可能性に関心を持たせる新しい方法を示唆している。1985年に初版が刊行された本作は、「アメリカの傑作」と呼ばれ、現在では稀少な一作となっている。今回イギリスの出版社「MACK」から刊行された改訂・拡大版である本書は、35年間に渡り他とは違う幅広い視点から見つめたアメリカ南部の田舎の風景を見ることができる。原書に登場した8人の生徒がこの改訂版のために新たに制作した写真や物語も収められている。

When Wendy Ewald arrived in the heart of the Appalachian Mountains in 1975, she began a project that aimed to reveal the lives, intimate dreams and fears of local schoolchildren. Tasked with finding authentic ways of representing the lives of these children, she gave each of them a camera and interviewed them about their childhood in the mountains. Through these intriguing transcripts and photographs, we discover the lives of families as seen through the eyes of their children: where domestic, rural life is understood with startling openness and depth. In Portraits and Dreams, life’s most mysterious realities – love, loss, violence, death, new life – are given voice through an altogether novel discovery: the camera. We learn the eloquence and originality with which children see the world and we see a generous new way of engaging children in the possibilities of the photographic medium.  This revised and expanded edition of Ewald’s now-rare book, first published in 1985, and called “An American masterpiece,” offers access to a different and broadened view of the rural south over the span of 35 years, and includes contemporary pictures and stories by eight of the students from the original publication.

by Wendy Ewald

REGULAR PRICE ¥5,400

softcover
160 pages
175 x 255 mm    
color, black and white
2020

published by MACK