100 PISAMA / 100 LETTERS by Marina Abramović

ユーゴスラビア人パフォーマンスアーティスト、マリーナ・アブラモヴィッチ(Marina Abramović)の作品集。

手紙の送り方、受け取り方について

私は幼い頃から30代前半まで、受け取った手紙を開けて読むことに大きな問題を抱えていました。手紙を開ける勇気が出るまで、何週間も机の上に置いたままになり、その間に罪悪感がどんどん大きくなっていきました。

たいていの場合、手紙を開いたときには返事を出すのが遅すぎて、罪悪感は以前よりもひどくなりました。

私は、1965年に母から受け取った最初の手紙から、1979年にベオグラードを離れるまで、すべての手紙を保管していました。

そこで、送り主の名前は書かずに、すべての手紙の最初の文を時系列で書き留めてみたのです。そして書き終えたとき、これらの最初の一行によって作られたテキストを読むだけで、私の人生のすべてをたどることができるということに驚かされました。

後で聞いた話では、マルセル・デュシャンは手紙を受け取ると、受け取った手紙を開いて返事をし、すぐに燃やしてしまったそうです。

ジャン・ティンゲリーは一度も手紙を開けず、返事もせず、毎年クリスマスに未開封の封筒を燃やす儀式を行っていました。

ーマリーナ・アブラモヴィッチ

ABOUT SENDING AND RECEIVING LETTERS

Since I was very young, until my early thirties, I had serious problems in opening and reading any letters I received. Letters would stay on my table for weeks before I found the courage to open them, and during this time my sense of guilt would grow and grow.

Most of the time, when I finally opened the letters, it was too late to answer them and my sense of guilt was worse than ever.

I kept every single letter, from the first notes received from my mother, in 1965, up to the time I left Belgrade for ever in 1979. I decided to chronologically write down the first sentence from all of these letters, without noting the name of the senders. When finished, I was astonished to see how it was possible to trace all my life just by reading the text created by all these first lines.
Later I heard that Marcel Duchamp, on receiving a letter, opened, answered, and immediately burnt the letter he’d received.

Jean Tinguely never opened or answered any letter, and every christmas he made a ritual of burning unopened envelopes, which sometimes included important information and even checks.
– M. A.

by Marina Abramović

REGULAR PRICE ¥7,700  (tax incl.)

softcover
200 pages
210 x 297 mm
color, black and white
limited edition of 1,000 copies
2008

published by ONE STAR PRESS