17 8 176 8 6 (EVIDENCES) by Suffo Moncloa

パリを拠点に活動するフォトグラファー、スフォ・モンクロア(Suffo Moncloa)の作品集。本書は5年間に渡り撮りためられた作品を精選した一冊。ここに掲載された79枚のイメージで作者は瞑想的な旅に出る。アーカイブから写真をセレクトする過程で作者は、抽象的/記述的、写実的/創造的、自然/技術のそれぞれが交差し合う部分に共通して現れる「糸」を認識するようになった。形式や色、暗黙の謎、イメージそのものの本質的な力から呼び起こされるものを伴い、文脈から切り離された言語をもとにしたイメージ各々の間にある多面的な対話を組み立てる。作中のイメージが描く物語は、我々の世界を構成する要素を直接的に扱うだけでなく、時代を超越したイメージを創造するアイデアをも用いる。それは、制作過程や暗室での実験的作業、再構築、既存の物の作り直しを行う際に現れてくる証拠も含まれる。物質性/実体という概念が中核を成し、ヴィジョンが物質もしくは他の何かに変形しうる瞬間を捉えているのである。物質は(相対的な意味で)永久なものとなり、瞬間瞬間が合わさることで我々の個人的な意味での宇宙に属する現実とフィクションを形作っていく。

‘Evidences’ is a curated collection of photos taken over a period of five years. During the selection of photos from the archive, I came to realize the common threads of the abstract and the descriptive, the photographic and the plastic, and the natural and the technological intersects. With these 79 photographs, Suffo Moncloa constructs a meditative journey, a multifaceted dialogue between images based on decontextualized language, with evocations from form, colour, implied mystery, and the inherent power of the image itself. The collection’s narratives deal directly with the elements that make up our world, but also with the idea of creating a timeless image. It includes evidences from the working process, dark room experimentation, and reconstruction. The idea of materiality becomes central; capturing moments when a vision can be transformed into an object, or something else. The object becomes permanent (in a relative sense). Combinations of those moments are capable to form realities and fictions belonging to our personal universe.

by Suffo Moncloa

REGULAR PRICE ¥7,800

softcover

170 pages
200 x 290 mm
color
2018

published by SELF PUBLISHING