BLUE PERIOD / LAST SUMMER : ARAKINEMA 青ノ時代/去年ノ夏:アラキネマ by Nobuyoshi Araki [JAPAN EDITION / PRE-ORDER]

日本人写真家、荒木経惟の作品集。本作は、作者の映像作品「アラキネマ」に焦点を当てた写真集として、NYを拠点とする出版社「SESSION PRESS」と「DASHWOOD BOOKS」から共同出版された。日本国外でこの映像作品『青ノ時代』『去年ノ夏』を出版物として発表するのは初めてとなる。作者は「私写真」と称して自身の日常をありのままに撮影した写真作品を制作し、これまで500冊以上の写真集を出版。特に、緊縛、今は亡き妻陽子、花などの静物写真、ヌードは代表的な作品として国内はもとより海外でも周知されているが、80年代中期から約20年間、実験的な映像作品「アラキネマ」を制作し、ライブ上映してきたことはあまり知られていない。本写真集では、ライブの臨場感や雰囲気をできるだけ忠実に再現するために、両作品が上映された際のオリジナルスライドに基づいて編集、制作。『青ノ時代』『去年ノ夏』はともに2005年に発表された作品であり、前者は1980〜90年代に雑誌『写真時代』に掲載された作品でまとめられている一方、後者は2005年前後に撮り下ろされた作品が使用されている。 ヌードとポートレートを軸にしながら、街路の風景や花の写真なども併せて構成された両作品に共通しているのは、オリジナルの写真に手を加えることで力強い効果を生み出しているという点であり、『青ノ時代』では薬品で脱色することで引き出された色褪せたブルーが、まるで夢か消え去っていく記憶の中にでもいるかのような、メランコリックな儚さを作品にもたらしている。また『去年ノ夏』は明るく透明感のある色を写真の上に塗っていくことで、まるで万華鏡が映し出す幻想的な世界を表現している。作家自身も両作品が過去と未来を現す人生そのものであり対にして見られることをインタビュー(アートン:東京、2005年)の中で語っており、本書にも掲載されている。

2種類のスリップケース展開(JAPAN EDITION / US EDITION)

JAPAN EDITION ※US EDITIONはこちら


プレオーダー受付中 ※12月上旬〜中旬入荷予定

アラキネマ
スライド写真に音楽をつけて投影するライブパフォーマンスであり、第1作の『東京物語』は、東京・渋谷にあったシネマライズで1986年に上映された。その後、ライブパフォーマンスとしての「アラキネマ」はセセッション館(ウィーン)、原美術館 、スパイラルホール、読売カルチャーサロン青山、台北市立美術館、東京都現代美術館、パレ・ド・トーキョー(パリ)、バービカン・センター(ロンドン)など世界各国の美術館や関連施設で90年代後半から2000年代半ばにかけて企画、上演。1991年からは「アラキネマ」のコンセプトを映像作品として残すために、映像制作を手がけるクエスト社より2010年までに30本の作品を発表してきた。これらはライブパフォーマンスと同じ手法をとり、スライド写真をオーバラップさせながら投影し、フリーフォームの即興音楽が添えられ、ライブで味わう臨場感に溢れた構成で制作されている。

One of the most influential photographers of our time, Nobuyoshi Araki is known for his diaristic style or “shi-shashin” (I-photographs) through the publication of over 500 books throughout his career. His work has become practically synonymous with Japanese photography; closely associated with his work on bondage, his late wife, Yoko, as well as still-lifes and nudes. It is, however, less known that Araki had explored experimental film projects since the mid 80s. In 1986 at Cinema Rise in Tokyo, Araki staged a live performance entitled Tokyo Monogatari (Tokyo Story). Using two projectors, Araki and his assistants, Nobuhiko Ansai and Shiro Tamiya, selected and sequenced slides to create a succession of overlapping images fading into one another, accompanied by a musical soundtrack. Tokyo Monogatari became the first in a series of live performances entitled Arakinema, which he staged until the mid-2000s in museums and art institutions around the world. Blue Period and Last Summer are made up primarily of nudes and portraits alternating with street scenes and images of flowers. The majority of the work is derived from Shashin Jidai, the important underground sub culture magazine of the 1980s in Japan. We especially feel excited about our publication since these two projects are essential among his film work. As Araki also explained at our initial meeting in Shinjuku last year, “The two films should be seen as a set, since Blue Period is about the past and Last Summer is about the future. By removing color using a chemical solution, Blue Period is about an act of subtraction (past), whereas adding color to the images in Last Summer is about an act of addition (future). This project is just like life itself.” Working directly from the 140 original slides used for both projections, the book successfully offers a fresh review of the photographer’s hidden oeuvre and regains the true spirit and atmosphere of the original Arakinema performances

This is JAPAN EDITION cover of slipcase. The US EDITION is here.

Available for pre-order now, will be shipped in the beginning/middle of December.

by Nobuyoshi Araki

REGULAR PRICE ¥12,000
国内送料無料

softcover in a slipcase
216 pages
260 x 178.3 mm
color
limited edition of 1,750 copies
2017

JAPAN EDITION

PRE-ORDER ※SHIPPED IN EARLY TO MID DEC

published by SESSION PRESS & DASHWOOD BOOKS