CERAMICS - PAINTINGS by Tinus Vermeersch

ベルギー人アーティスト、ティヌス・ヴェルメッシュ(Tinus Vermeersch)の作品集。ドローイングや絵画、彫刻、陶器を使い、独自のシュールな世界を提示する。人の存在の痕跡がところどころに残っているこの小宇宙の存在感を特徴づけているのは、俗世を遠く離れた感覚である。作者が用いる視覚言語と素材は、遠い昔に失われた時間を思い起こさせる。そのテクニックは、中世の画家のヒエロニムス・ボッシュ(Jheronimus Bosch)やピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel)のドローイングや絵画を想起させる。絵やドローイングに登場するキャラクターたちの起源は、文化人類学、具体的には土着の人々が信仰していたアニミズムやシャーマニズムの古い伝統に見出すことができる。作者はこれらのキャラクターを「覆い」や「殻」を意味するラテン語の「テグメン」と呼ぶ。伝統的な技法を用い、それと強く結びついている熟練の技を大切にしている点で、同時代の他のアーティストたちと一線を画している。全て手作業で描かれた何百枚もの陶器のタイルは、その類まれな技巧を証明している。本書はベルギー・コルトレイクで開催された展覧会カタログとして、「Be-Part Kortrijk」の協力により刊行された。

Tinus Vermeersch reveals his own surreal universe to us, by means of drawings, pain-tings, sculptures and ceramics. In this uni-verse we often find traces of a human pres-ence, yet it is characterized by a sense of seclusiveness. Both his visual language as well as his chosen materials, remind us of a long-lost time. His technique recalls the drawings and paintings of Jheronimus Bosch and Pieter Bruegel. The origin of the figures who inhabit his paintings and drawings can be found in anthropology and more specifically in the old animistic and shamanic traditions of the indigenous peoples. Tinus Vermeersch calls these figures ‘Tegumen’, meaning ‘cover’ or ‘shell’ in Latin. Tinus Vermeersch distinguishes him-self from many other contemporary artists by his affinity for the craftsmanship that is so specific to the traditional media he works with. The hundreds of ceramic tiles, all drawn by hand, prove this craftsmanship. This book is a catalogue that accompanies Tinus’ exhibition in Be-Part Kortrijk.

by Tinus Vermeersch

REGULAR PRICE ¥6,000

2 softcover books in a slipcase
52 + 60 pages
210 x 297 mm
color
limited edition of 800 copies
2019

published by ART PAPER EDITIONS