CIPRIAN HONEY CATHEDRAL by Raymond Meeks [SPECIAL EDITION]

リンゴが落ちる時、枝とリンゴの間には何がある?
誰でも見たことがあって、どこにいてもそれと分かる。
それなのにある夜、そこには何もないと言われてしまった。
- ライト・モリス( Wright Morris)アメリカ人フォトグラファー

アメリカ人フォトグラファー、レイモンド・ミークス(Raymond Meeks)の作品集。作者は、写真や本のフォーマットを用いて、視覚、意識、理解の境界が接する点を詩的に描き出した作風で知られる。本作では、そのまなざしを身近なところに向け、物質的な環境や一番親しい人達を我々は果たして本当に理解できるのかを精査している。これまで長らく作者は、我々が自分の身の回りの世界をどのように構築しているのか、自分を快適にしてくれるものや受け継いだもの、物質的な成功のしるしなどをどうやって持ち歩いているのか、植物や時を刻む置時計など様々なものを使ってどのように家を飾り付けているのかといったことに興味を持ってきた。偶然見つけた廃墟や手入れの行き届いていない芝生の中に隠されている、小さな罪に共通する手がかりを作者は探している。我々の自己中心的な現実における最も重大な問いは、知識と理解に関するものではないだろうか。早朝、まだ眠っているパートナーであり同じくフォトグラファーのアドリアナ・オルト(Adrianna Ault)を撮影している。オルトはちょうど、日々の家庭生活と最も深い眠りとが出会う、その境目に存在している。普段意識している世界の混沌や不確実性とは無関係な、力の抜けたトランス状態は、意識の表層下でのしばしの休息である。そしてそれは、我々が決してお互いを完全に理解することはできないという隠された不穏なメッセージをほのめかしている。

作者はかねてよりユニークなハンドメイド特装版を制作することで知られており、今回も版元とのコラボレーションにより実現。初版の作品集とともに、オルトのセルフポートレイトが写ったプリント、ソフトカバー冊子が木製のハンドメイドボックスに収められている。冊子は『errata』と題し、オルトが自身の庭で育てているイバラや絡みついたぶどうの枝を伐採している様子を作者が撮影したものを収録。うち1ページには、透明シートのプリント(サイン入り)が貼付けられている。ボックスは作者とオルト、オルトの2人の娘によって製作された。

What is there between the branch and apple when it falls?
We have seen it―we would recognize it anywhere. Yet of an evening we are told nothing is there.
- Wright Morris

Raymond Meeks is renowned for his use of photography and the book form to poetically distill the liminal junctures of vision, consciousness and comprehension. In ciprian honey cathedral, he brings this scrutiny close to home, delicately probing at the legibility of our material surroundings and the people closest to us. Meeks has long been fascinated by the way we construct the world around us; how we carry our possessions, these accumulated comforts, inheritances, markers of material success; how we adorn homes with trees and shrubs, a mantle clock to count the hours. Stumbling across an abandoned house or unkempt lawn becomes a search for common clues to tiny hidden transgressions. This question of knowledge and understanding is perhaps most drastic in our solipsistic reality. Meeks also photographed his partner, Adrianna Ault, in the early mornings before she awoke, on the threshold at which daily domestic life converges with the deepest state of sleep. This plight of supine trance is a place of reprieve beneath the surface of consciousness, free from the chaos and uncertainty of the sentient world above, and alludes to the veiled threat that, ultimately, we are utterly unknowable to one another.

Raymond Meeks is renowned for his handmade unique editions and in that vein has collaborated with MACK to produce an exquisite accompaniment to his new book ciprian honey cathedral. Alongside a signed and numbered first edition of the book will be a second book of pictures of Meeks' partner and artist Adrianna Ault in the formidable process of clearing briar and entangled vines from her yard and garden, all made on Mothers’ Day, 2020. Titled errata and bound in linen, the 40 page book includes one of Meeks' signature transparency prints on acetate. Also included is a signed and numbered 10x8” silver gelatin contact print, a self portrait by Adrianna, hand printed by the couple. All of these elements will be housed in a wooden frame box produced by Meeks, with assistance from Adrianna and her two daughters.

by Raymond Meeks

REGULAR PRICE ¥50,000

hardcover book and limited softcover book ‘errata’ in a handmade wooden frame box 

including
- a print (self portrait of Adrianna Ault) signed and numbered by Adrianna Ault and Raymond Meeks
  print: silver gelatin print / 10 x 8” (252 x 202 mm)
- a transparency print housed in the limited book

box: 335 x 275 x 30 mm

hardcover book:
96 pages
300 x 240 mm    
color, black and white

softcover book:
40 pages
300 x 240 mm
black and white

limited edition of 150 copies
2020

SPECIAL EDITION
SIGNED AND NUMBERED BY RAYMOND MEEKS AND ADRIANNA AULT

published by MACK