COLAZIONE SULL'ERBA by Luigi Ghirri

イタリアのカラー写真界のパイオニアでもあるルイジ・ギッリ(Luigi Ghirri)の作品集。1970年からイタリアのエミリア=ロマーニャ州にある都市モデナで暮らし、作者はその町の家々や通り、広場や郊外を徘徊しはじめ、初期の作品群のほとんどを作り上げていった。そこには既にその後の制作の方向性がいくつも示唆されていた。時には遠くへ足を延ばし、アドリア海の街リミニのビーチやスイスの湖を訪れることもあった。この頃から、プロジェクトとテーマを緻密に計画するようになる。一つの主題を中心にいくつかのプロジェクトをひとまとめにすることもあれば、より詩的な方法で分類されている作品もある。本書に収録されているシリーズ『Colazione sull’Erba』は、後者に属する作品の一つである。画家エドゥアール・マネ(Édouard Manet)の代表作『草上の昼食』をタイトルに掲げた本作では、1972年から1974年の間にギッリが(皮肉を漂わせつつ熱心に訪れた)モデナ郊外で撮った写真がまとめられている。 左右対称な糸杉の形、手入れの行き届いた芝生、庭の持ち主の好みが出ている鉢植えの植物にヤシの木やサボテンなど、人が作りだした環境の中にある自然と人工物の接点に注目した。本書は、後にギッリの全作品を見渡す際の基盤として掲載作品を独自の手法でカテゴライズする編集で作られた初めての作品集である。

From 1970 Luigi Ghirri roamed around the houses, streets, squares and suburbs in his adoptive town of Modena and built a body of early work which contains within it signposts to many of the directions his practice would subsequently take. Most of the time he worked in Modena, only occasionally travelling further afield to the beaches of Rimini on the Adriatic or the Swiss Lakes. He began to map out projects and themes – some specifically grouped around a subject, others gathered around a more poetic organising principle. One of the latter was Colazione sull’Erba (Breakfast on the Grass) in which he bought together photographs made between 1972 and 1974 on the outskirts of Modena which he states he “visited in an ironic and anxious manner”. His focus was the juncture of nature and artifice in the man-made environment; the symmetries of cypress trees, well-kept lawns, the personalising touch of plants in pots, palm trees and cacti with their promise of somewhere else. Modeled on Kodachrome, Ghirri’s seminal paean to photography which he self-published in 1978, this volume is the first book in a planned series which will take Ghirri’s original categories for his own work as the basis for a collection elaborating the great photographer’s oeuvre.

by Luigi Ghirri

REGULAR PRICE ¥6,000

softcover
176 pages
200 x 270 mm
color
2019

published by MACK