COLORBLIND SANDS by Sebastien Reuzé

フランス人アーティスト、セバスティアン・ルーゼ(Sebastien Reuzé)の作品集。旅、写真に関する考察、そして素晴らしきアメリカのロードトリップにまつわるプロジェクトをまとめた一冊であり、色の意味、時間や場所に関する経験、暗室におけるプリントの可能性を探っている。本作は、作者が未遂行の架空のロードトリップの記録であり、アメリカの写真史を通じて描かれた空想の旅なのである。

Colorblind Sands is a project for a journey, a reflection upon photography and the great American road trip. It explores the semantics of color, the experience of time and place, and the possibilities for analog printing in the darkroom. Colorblind Sands is a fictitious road trip that Reuzé has yet to make. An imaginary journey through the history of American photography.

by Sébastien Reuzé

REGULAR PRICE ¥5,800

softcover
192 pages
240 x 293 mm
color
limited edition of 500 copies
2018

published by ART PAPER EDITIONS