DIALOGUE by Muller Van Severen

ベルギーを拠点に活動するフォトグラファーのフィーン・ミュラー(Fien Muller)とアーティストのハネス・ヴァン・セヴェレン(Hannes Van Severen)によるベルギー人デザインデュオ「Muller Van Severen(ミュラー・ヴァン・セヴェレン)」の活動10年をまとめた作品集。2人は2011年から協働を始め、それぞれの家族のルーツからインスピレーションを紐解き、革新的でミニマルなモダンファニチャーのコレクションを生み出した。そのシンプルな工業素材と豊富なカラーパレットを組み合わせ、影響力のある一連の作品が作られ、近年では「Hermès」や「Airbnb」をはじめとしたブランドや企業とのコラボレーションから、「HAY」や「Matter NYC」といった手頃な価格のデザインオブジェのカプセルコレクションを手掛けるなど、商業的にも大きな成功を収めている。本書は、2人の作品のDNAの起源と複雑さ、そしてその中に隠された文脈を明らかにする。キュレーターのヤン・ボーレン(Jan Boelen)による、キュレーターで評論家のベアトリス・ガリレー(Beatrice Galilee)、建築家のアルノ・ブランドフーバー(Arno Brandhuber)、サム・チャマイエフ(Sam Chermayeff)らとのインタビューを収録。

A decade of colorful furniture, lighting and objects from the Belgian design duo. Fien Muller and Hannes Van Severen have worked together since 2011, drawing inspiration from their respective family roots to create an innovative and minimalistic modern furniture collection. The pair’s use of simple industrial materials in combination with a rich color palette has created an influential body of work. The duo has achieved significant commercial fame in recent years with major brand collaborations from Hermès to Airbnb, as well as accessibly priced capsule collections of design objects with stores such as Hay and Matter NYC. Through conversations and visual references, this publication unveils the origins and complexities of, and the references embedded in, the DNA of Muller Van Severen's work. Curator Jan Boelen explores the designers' universe through interviews with them, alongside curator and critic Beatrice Galilee, and architects Arno Brandhublr and Sam Chermayeff.

by Muller Van Severen

REGULAR PRICE ¥8,800  (tax incl.)

hardcover
360 pages
194 x 267 mm
color
2021

published by WALTHER KÖNIG