EMBODYING ANEW by Magdalene Odundo, Simone Leigh, Thaddeus Mosley

ケニヤ生まれのイギリス人陶芸家のマグダレン・オドゥンド(Magdalene Odundo)、アメリカ人アーティストのシモーネ・リー(Simone Leigh)、アメリカ人彫刻家のタデウス・モズレー(Thaddeus Mosley)による作品集。3作家は世界的に幅広く創作活動を行なっており、「即興、シンコペーション、研究、配慮、注意、記憶といった広い意味でのジャズを感じさせるような共同作業」の中で、視覚的な「伝統」を並べて生まれる美しさを3者の作品で融合させている。展覧会をアーカイブ化した小さな印刷物として制作された本書は、展示の精神を捉え、歴史における作品の立ち位置を示す展覧会という一時性をさらに超えていく仕上がりになっている。DL規格の茶色いマニラ封筒を開くと、シルクスクリーンで鮮やかに色付けられたシートが現れ、そこにはさらに箔押し印刷が施された白いリネン封筒が納められいる。封筒の中には、シモーネ・リーの胸像、タデウス・モズレーの彫刻、マグダレン・オドゥンドの器がそれぞれオフセット印刷されたカード、展示の様子を写した写真プリント(裏にはスタンプが押されている)、美術批評家でありキュレーターのローレン・デランド(Lauren DeLand)によるエッセイが記された小冊子が入る。本作は、ロンドンのギャラリー「Maximillian William」において3作家が展覧した「Embodying Anew」の開催に伴い刊行された一作であり、InOtherWordsと同ギャラリーとのコラボレーション第二弾。(第一弾はココ・キャピタン(Coco Capitán)による『NAÏVY』)

Embodying Anew a is show including works by Magdalene Odundo, Simone Leigh and Thaddeus Mosley, three artists who engage extensively with international creative practices to synthesise the aesthetics of a vast array of visual traditions within their work “collectively, this feels like the wildest kind of jazz: it is improvisation, syncopation, scholarship, care, attention, memory”.

Conceptualised and designed as an archived ephemera the limited edition publication captures the spirit of the show and transcends its temporality marking its position in history. Comprised of a manilla DL envelope containing a silkscreened colour sheet wrapping a die-stamped linen envelope. Inside a series of offset reproductions featuring a bust by Simone Leigh, a sculpture by Thaddeus Mosley and three vessels by Magdalene Odundo with a hand-stamped colour photographic print of the installation and a booklet with an essay by Lauren DeLand.

Embodying Anew is the second in a series published in collaboration with Maximillian William, London.

by Magdalene Odundo , Simone Leigh , Thaddeus Mosley

REGULAR PRICE ¥8,250  (tax incl.)

4 booklet and a print in an envelope
220 x 100 mm (envelope)
color, black and white
limited edition of 300 copies
2021

published by IN OTHER WORDS