FOG by Morten Torgersrud

ノルウェー人フォトグラファー、モーテン・トルゲシュード(Morten Torgersrud)の作品集。2つの写真シリーズを見開きで隣り合わせに配置した1冊。片方のページにあるのは、不思議な形の謎の物体がランドスケープのあちこちに顔を出しているシリーズ。写っているコンクリートのブロックは、形もサイズも全く同じだが、いくつかは薄れかけた迷彩模様に塗られている。位置や距離感から、これらの物体が何らかの意図、構成、あるいは論理に従って置かれたものであることが読み取れる。もう一方のページには、白い背景に様々な形の物体を置いて撮ったシリーズが配置されている。それが実際に何かを判別できる程度は写真によって異なるが、どれも特徴的な形をしているこれらの物体は、例えば「スニーカー」であれ「円柱」であれ、ものの形そのものを明確に描写する能力を共通して持っている。これらの物体は、素材を内包あるいは加工することができ、それぞれの形や使用用途を通じて根本的な要素を作りだすという意味では、ツールとしての可能性を持っている。作者はこのような物体を組み合わすことによって、実際のコンクリートの塊からは答えを導き出すことができないような問いを投げかけている、イメージの中のものとものものとの距離感は、はっきりとした意味を読み取ることを邪魔する。しかしそれと同時に、この距離感こそが作品の自由な解釈や思いがけない意味の発見を可能にしているのである。

FOG is comprised by a body of photographic work where two series of pictures are presented adjacent to each other. On the one hand, a series of images of grouped volumetric shapes scattered throughout a landscape. These concrete blocks share the same size and shape - some painted in camouflage patterns which seem to have faded. The location and the distance between them suggest an initial intent, structure or logic. On the other hand, a series of pictures depicting objects with varying shapes and degrees of readability. They too, are shaped objects, but they share the ability to manifest shape themselves. As tools, they hold a potential in the sense that they can contain or process materials and create essence through their own form or utility. Combined, these objects raise questions to which the rather fruitless concrete slabs cannot provide answers to. The distance between what is depicted in the pictures oppose a clarity of reading, while opening the work towards an arbitrary and the unforeseen.

by Morten Torgersrud

REGULAR PRICE ¥4,800

hardcover
32 pages
226 x 320 mm
black and white
limited edition of 500 copies
2017

published by CORNERKIOSK PRESS