GIFT by Mari Katayama [SIGNED]

日本人アーティスト、写真家の片山真理の初作品集。9歳で両足を切断した作者は、以後手縫いの作品や自身で装飾を施した義足を使用したセルフポートレートやインスタレーションを制作。幼少期に抱いた「“普通”に溶け込みたい」という葛藤から始まり、作品を通して「自分は何者か?」という問いを可視化、アイデンティティと身体性を問いかけ続けている。本作は、作者が2005年にデビューして以来10年以上制作しつづけてきたオブジェやセルフポートレートから最新の作品までを収録し、アーティストとしての成長をクロニクル的に見せる。テキストはヨーロッパ写真美術館館長サイモン・ベーカー(Simon Baker)が執筆、デザインはサイモン・ダラ(Simon Dara)が手掛ける。本作はホワイトレインボーギャラリー(イギリス)で開催される海外初個展「Broken Heart」に伴い刊行された。

Presenting the first book of Mari Katayama (b. 1987, Gunma, Japan), Gift is a retrospective of her past works and evolution as an artist. Born with only two fingers on her left hand and tibial hemimelia, a rare deficiency in which one leg bone is absent, Katayama amputated both her legs at the age of nine, and has since then transcend her condition by works she creates with her prosthetics, intricately embroidered objects and also self-portrait photography, using her own body as a living sculpture. Gift accompanies her first overseas exhibition "Broken Heart" at White Rainbow, London.

by Mari Katayama

REGULAR PRICE ¥5,000

hardcover
136 pages
210 x 297 mm
color, black and white
2019

SIGNED BY MARI KATAYAMA

published by UNITED VAGABONDS