I WALK TOWARD THE SUN WHICH IS ALWAYS GOING DOWN by Alan Huck

アメリカ人フォトグラファー、アラン・ハック(Alan Huck)の初作品集。イメージとテキストで構成されているエッセイ作。アメリカ南西部の都市をさまよう無名の語り手である主人公の「私」は、常に沈みゆく太陽に向かって歩き続けている。その途中で目にしたことや出会いに刺激を受けながら、作者は幅広い主題について思いを巡らす。都市の辺縁の写真と、第一人称で書かれた散文的な独白が入れ替わり立ち代わり現れる中に、W.G. ゼ―バルドやアニー・ディラードなどの作家による遊歩者をテーマとした作品を引用。文章の至るところに織り込まれた文学的かつ文化的な言及が網の目のようなネットワークを形成している。本書はフォトグラファーの制作プロセスについてのメタフィクションであると同時に、人と特定の場所との関係性の学際的な考察でもある。作者は写真と書かれた言葉の両方につきまとう本質的な曖昧さを利用して、イメージから写真へ、写真からイメージへと流れるように行き来しながら、我々の興味をこの2つの領域に惹きつけて離さない。

In Alan Huck’s image-text book, ​I walk toward the sun which is always going down​, an unnamed narrator wanders a city in the American Southwest, where their observations and encounters become catalysts for rumination on a wide range of subjects. Shifting between photographs of the city’s peripheries and an interior monologue written in first-person, fragmentary prose, this hybrid essay draws on the ambulatory works of writers such as W.G. Sebald and Annie Dillard, both of whom are incorporated into the network of literary and cultural references interwoven throughout the book’s text. Part metafiction about the working process of a photographer and part cross-disciplinary exploration of one’s relationship to a particular place, the author utilises the essential indeterminacy of both photography and written language to craft an exercise in attention that moves seamlessly between the two mediums.

by Alan Huck

REGULAR PRICE ¥5,500

softcover
144 pages
170 x 200 mm
color, black and white
2019

published by MACK