MACH DICH HÜBSCH! by Isa Genzken

ドイツ人アーティスト、イサ・ゲンツケン(Isa Genzken)の作品集。2015年から2016年にかけてアムステルダム市立美術館で開催された回顧展に伴い刊行された。本書の出版から遡ること15年ほど前にベルリンで作られたこの大判のコラージュブックは、私的な日記とアートマニフェストの2つを兼ねている。作者や友人たちのポートレイト、広告やファッション雑誌の切り抜き、男性のピンナップ写真、動物の囲い柵や格子のイラスト、ほとんど丸裸の木、茂みや森、柱、ファサード、作者自身の作品やインスタレーションのディテール、歴史的絵画が描かれた絵葉書、手書きのメモなど、圧倒的な数のイメージが集まって驚くほど調和のとれた形を成している。作者は茶色のガムテープや銀色のテープ、黒や青、赤、緑の色鮮やかなネオン紙を巧みに使い1冊の本にドラマチックな構造を与え、コラージュの世界の内と外に開かれた窓やドアを作り出した。ページが進むにつれてフォーマットを少しずつ大きくしていくことで堂々とした存在感を放つオブジェが完成している。最も重要な現代芸術家の一人である作者の思考と作品に対する深い洞察を得られる1冊。

The large-format collage book was created in Berlin around 15 years ago. It is both a personal diary and an artistic manifesto. In it are portrait photos of Genzken and her friends, cuttings from advertisements and glamour magazines, male pin-ups, illustrations of fences and grates from animal enclosures, mostly bare trees, bushes and forests, columns, facades and strange details from her own work and installations, postcards of historical paintings as well as handwritten notes. The overwhelming number of images obtains a surprisingly harmonious form. Genzken uses brown sticky tape and silver textured textile tape; black, blue, red and strongly vibrant green neon papers to give the book a dramatic structure. In this way she creates windows and doors with views in and views out. The format of the pages gradually becomes larger through the course of the book, giving it an astounding physicality. It grants an insight into the thought and work of one of the most important contemporary artists. Published on the occasion of Isa Genzken’s major retrospective at Stedelijk Museum Amsterdam, 29 November 2015 – 6 March 2016.

by Isa Genzken

REGULAR PRICE ¥7,150  (tax incl.)

hardcover 
76 pages
315 x 410 mm
color
2016

published by WALTHER KÖNIG