KAMO HEAD by Katsuya Kamo

世界を舞台に活躍したヘア&メイクアップアーティスト、加茂克也の作品集。パリコレを中心にランウェイで発表された数々のヘッドピースを収録。メゾンとのコラボレーションにより生まれたアートピースを、自らの思いで撮り溜めた作品集となっている。1997年のJUNYA WATANABE COMME des GARCONSから UNDERCOVER、CHANEL、MINTDESIGNS、 ANREALAGEまで、病床で倒れた2019年までの22年間の思いが詰まったアートピース、約220点を収集したアートブックが『KAMO HEAD』として蘇る。

加茂克也は、1965年福岡生まれ。1988年にモッズヘアに所属しキャリアをスタート。パリ・ミラノコレクションのランウェイを始め、有名モード誌や広告ビジュアルのヘアメイクを手がける。2015年「KAMO HEAD」を立ち上げ独立。2020年2月死去。享年54歳。

Katsuya Kamo’s headpieces dazzled the fashion world whenever they appeared on the runways of Paris Fashion Week. This long-awaited book brings together his many collaborations with major fashion houses, photographed according to the wishes of the late hair and makeup artist.

The must-have publication features around 220 examples of Katsuya Kamo’s renowned work for fashion collections, spanning twenty-two years from JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS in 1997 to UNDERCOVER, Chanel, mintdesigns, ANREALAGE, and right up to his final work before ill health brought his career to an untimely end in 2019.

REGULAR PRICE ¥12,100  (tax incl.)

hardcover

296 pages
305 x 308 mm
color, black and white
2021

published by KAMO HEAD