TIMELESS PAINTING by Mike Kelley

アメリカ人アーティスト、マイク・ケリー(Mike Kelley)の作品集。2019年から2020年にNYの「Hauser & Wirth」で開催された展覧会に伴い刊行された。本書は、コンセプチュアルなメディアとしての絵画への影響力のある作者のユニークなアプローチを探っている。本展覧会のキュレーター、ジェネル・ポーター(Jenelle Porter)が編集と序文を担当し、1994年から2009年の間に制作された12シリーズのペインティング作品と、ポーターが依頼した多くのアーティスト陣によるケリー作品に対し寄稿している。個人的な逸話から美術史的な分析まで、またチェント(寄せ集め詩文)や手紙のような頌歌まで、さまざな形での文章が用いられている。寄稿した作家陣は画家として、そしてより広い意味での「アーティスト」として、作者の作品における取り組みが見せる永続的な妥当性を考察している。

Published on the occasion of the eponymous 2019–20 exhibition at Hauser & Wirth New York, ‘Mike Kelley: Timeless Painting’ explores the influential artist’s unique approach to painting as a conceptual medium. Edited and with an introduction by exhibition curator Jenelle Porter, the publication reproduces twelve series of paintings from 1994 through 2009 alongside responses to Kelley’s work by a diverse group of artists that Porter has invited to contribute: Edgar Arceneaux with Kurt Forman, Carroll Dunham, Daniel Guzmán, Richard Hawkins, Jay Heikes, Jamian Juliano-Villani, Christina Quarles, Mary Reid Kelley, and Laurie Simmons. In writing that ranges from personal anecdote to art historical analysis, cento poem to epistolary ode, these artists consider the enduring relevance of Kelley’s practice both as a painter and as an artist more broadly.

by Mike Kelley

REGULAR PRICE ¥9,680  (tax incl.)

hardcover 
204 pages
323 x 246 mm
color
2019

published by HAUSER & WIRTH

published by WALTHER KÖNIG