NORTH AMERICAN MAMMALS by Sean Landers

ニューヨークを拠点とするアーティスト、ショーン・ランダース(Sean Landers)の作品集。本書には、作者が現在もっとも関心のある、死の必然性と遺産を描写したペインティングの最新3シリーズがまとめられている。本棚を描写したペインティング、スコットランドのタータンチェック柄をした動物のポートレイト、海のペインティングのシリーズに加え、作者によるテキストを収録。ここでのテキストは、実存的かつ感情的であり、描かれた動物は象徴的であからさまな風刺画であるが、物語に出てくるキャラクターでもある。ベルギー人シュルレアリスム画家、ルネ・マグリット(René Magritte)に近似し、作者のペインティングは像と語の視覚的関係を合わせたものが多い。この一連の最新作は、作者の言葉で構成されている棚に並ぶ本が象徴するように、死の必然性と芸術的遺産、芸術の後世に対し多層的な物語を見せている。

Three new series of paintings depicting the artist's current concern with mortality and legacy. Sean Landers' North American Mammals presents three groups of paintings, each of which refer to one another on various levels. These include paintings depicting bookshelves holding books whose spines contain a continuous text by Landers; portraits of animals with fur rendered in Scottish tartan designs; and a series of ocean paintings. Landers' text here is existential and emotional, his animals symbolic, overt caricatures but also characters in a story. Much like Magritte, Landers' paintings often negotiate the visual relationships between image and word. His newest body of work offers a layered story of mortality, artistic legacy, and the posterity of art, as symbolized in the books—made up of his words—that sit upon the shelves. This clothbound hardcover beautifully presents Landers' work, with text printed on paper between images and several gatefolds.

by Sean Landers

REGULAR PRICE ¥5,400

hardcover 
68 pages
229 x 298 mm
color
2014

published by LES PRESSES DU RÉEL