NOTHING BUT CLOUDS by Kristina Jurotschkin

ドイツ在住のヴィジュアル・アーティスト、クリスティーナ・ジュロツキン(Kristina Jurotschkin)による作品集。本書タイトルは、地球外生命体の存在を示唆する視覚的証拠を否定するために制作されたアンドレイ・タルコフスキー(Andrey Tarkovsky)による1972年の映画『惑星ソラリス』から引用。「何も無いが、雲がある(NOTHING BUT CLOUDS)」という、生命体の存在を否認する言葉をタイトルに掲げる本書は、作家がヨーロッパのさまざまな土地で多くの年月を過ごした中で蓄積した写真のアーカイブから構築され、日常の空間に対し瞑想的熟考をもたらすものとなっている。疎外感すら感じさせる作者の視点は、社会的実在性の基本的構造を見つめ直し、我々の未来を考古学的に概観する方法を提供している。

Nothing but Clouds were the words used by the research commission in Andrey Tarkovsky’s 1972 film Solaris to deny video evidence suggesting traces of alien life on the planet. Taking this disclaimer as its title, this meditative book by Kristina Jurotschkin brings together images from her photographic archive made in various places across Europe over numerous years. Jurotschkin’s alienating views of everyday spaces examine the fabric of our social reality and propose an archaeological survey of our future.

by Kristina Jurotschkin

REGULAR PRICE ¥6,000
国内送料無料

softcover
232 pages
226 x 340 mm
black and white
2017

shortlist of the First Book Award 2017

published by MACK