PHOTOGRAPHS AND WORKS ON PAPER by Saul Leiter

アメリカ人フォトグラファー、画家のソール・ライターによる作品集。作者が亡くなる2年前の2011年にベルギー・アントワープのギャラリー「GALLERY FIFTY ONE」で開催された展覧会に際して刊行された。本作は、作者のユニークな作品群に焦点を当てている。画家としてのキャリアをスタートさせた作者は、1948年に抽象表現主義のアーティスト、リチャード・パウセット=ダート(Richard Pousette-Dart)との出会いで写真への興味が強く持ち、すぐに写真と絵画を組み合わせ始めた。どちらの分野においても、構成や色、技術を意のままにした。自身の写真が絵画に与える影響、そしてその逆の相互作用はどちらも並べられた際に明白になっている。アクリル画作品はほとんど展示されなかったが、溶けきっていないような色の調子の中で大きな色面が描かれるという抽象的な視覚言語を追求している。メディアの性質により若干の変更はあるものの、作者の初期のカラー写真作品の習作の中でもその傾向は見いだすことができる。

This catalogue was first published in 2011, on the occasion of his third solo show at GALLERY FIFTY ONE. Two years before he passed away on November 26th 2013. The second edition is in loving memory of Saul. This catalogue features a unique selection of Leiters' photographs and works on paper. Leiter began his career as a painter. In 1948 he discovered photography thanks to a meeting with the abstract expressionist Richard Pousette-Dart. Very quickly, he combined his pictorial and photographic practices. In both disciplines Leiter demonstrates a perfect command of composition, color choices and drawing skills. The influence of his photographs on his paintings and vice-versa is made apparent when the two are presented side by side. His gouaches, rarely exhibited, mostly explore an abstract language made of large color areas in unsaturated tonalities. Similar compositions can be found in Leiters' early color photographic practice as well, although they are slightly altered due to the medium’s nature.

by Saul Leiter

REGULAR PRICE ¥3,400

softcover
56 pages
148 x 211 mm
color
2011 (2016)

SECOND EDITION

published by GALLERY FIFTY ONE