PRESTON IS MY PARIS 2009-2019 by Adam Murray and Robert Parkinson

イギリスを拠点に活動するフォトグラファー、キュレーター、講師であるアダム・マレー(Adam Murray)と同じくイギリスを拠点とするフォトグラファー、ロバート・パーキンソン(Robert Parkinson)の作品集。2009年に発足したフォトプロジェクト『PRESTON IS MY PARIS』の10年間を追った一冊。本書は、日常生活や地域のアイデンティティ、主要な都心部から離れた場所で写真と文化が果たす役割などに関するテーマを研究するため自主的に作品を作り続けた10年間を考察。2009年7月、2人はイギリスの街プレストンをテーマとし、作品を広めるためにコピー機で印刷したZINEという小冊子の形を用いてこのプロジェクトを開始した。それから10年を経て、写真という媒体に根付いたこのプロジェクトは、出版物だけでなく特定の場所のために作られたインスタレーション作品、ライブイベント、デジタルアプリ、教育、著作へと多面的に拡大した。

This book exploring a decade of photography project Preston is my Paris published by Dashwood Books. Preston is my Paris 2009-2019 explores ten years of independent photographic practice that sought to investigate themes relating to everyday life, regional identity and the role that photography and culture can have outside of major urban centres. Adam Murray and Robert Parkinson began Preston is my Paris in July 2009 as a photocopied zine with the intention of encouraging the exploration of Preston as a subject for creative practice. Over a decade it developed into a multi-faceted project rooted in photography that includes publications, site-specific installations, live events, digital applications, education and writing.

by Adam Murray , Robert Parkinson

REGULAR PRICE ¥6,200

softcover
240 pages
195 x 260 mm
color, black and white
limited edition of 500 copies
2019

published by DASHWOOD BOOKS