SHE DANCES ON JACKSON by Vanessa Winship [SPECIAL EDITION]

ドキュメンタリー写真家として知られるイギリス人フォトグラファー、ヴァネッサ・ウィンシップ(Vanessa Winship)の作品集。2013年にMACKより刊行され、瞬く間に絶版となっていた本書が、2018年6月から9月にかけてバービカン・アート・ギャラリー(ロンドン)で開催される回顧展に伴いセカンドエディションとして刊行された。HCB賞(※註)を2011年に受賞した作者は、その時に得た賞金を元にカリフォルニア州からヴァージニア州、ニューメキシコ州からモンタナ州を跨ぐアメリカ横断、縦断の旅へと繰り出した。旅先で出会った人々のポートレイトやランドスケープを通じ、伝説の「アメリカン・ドリーム」の現在を追い求めた一年以上に渡る道程であった。作者は、アメリカの広大さを追い求めて記録した「風景」と「人物」との間に見える叙情的かつ生き生きとした対話や交わりを写真で魅せ、地域そのものと住民とを繋ぐものとはいかなるものか理解しようと試みた。作者にとって、この二つの関係性は切り離せないものであった。場所は、出会った人々、見たもの、自身に起きたことに基づいて固有の意味あいを生む。人との出会い、音、におい – その全てがその土地で生まれた作品に広がりを与える。また、本作には作者の進化が際立って見え、スタイルだけ見ると大判のモノクロフィルムを用いた過去の作品に似通ってはいるが、人を惹きつけ心を乱す力を持ち合わせたポートレイトを変わらず描きながら、風景においても熟達した写真家であることを存分に発揮している。作者にとって、写真とは能力の一過程であり、人生を理解するための道筋である。親密さをも感じさせるそのアプローチは、一目その作品を見るだけで作者が見つめたその世界を感じさせるだろう。

※註 写真家のプロジェクトを支援するためにアンリ・カルティエ=ブレッソン財団が設立した賞

レギュラーエディションはこちら

The reprint of this hugely successful 2013 book coincides with a retrospective of the work of Vanessa Winship at the Barbican Art Gallery in London from June to September 2018.

In 2011 Vanessa Winship was the recipient of the Henri Cartier Bresson Award which funds an artist to pursue a new photographic project. For over a year Winship travelled across the United States, from California to Virginia, New Mexico to Montana, in pursuit of the fabled ‘American dream’. she dances on Jackson presents a conversation, a lyrical and lilting interaction between landscape and portrait exploring the vastness of the United States and attempting to understand the link between a territory and its inhabitants. For Winship this relationship is inextricable; places accrue particular meanings according to the people she meets, what she sees, and by what's happening to her personally. Each human encounter, sound and smell adds extra dimensions to her work and the resulting photographs.

she dances on Jackson marks a progression. Stylistically similar to her previous work using black and white film and a large format camera, Winship’s portraits remain arresting and unnerving but this body of work reveals her to also be a skilled landscape photographer. For Winship photography is a process of literacy, a path by which she understands life. Her intimate approach enables the reader to glimpse the world as she sees it, if only for a moment.

Click here for the regular edition

by Vanessa Winship

REGULAR PRICE ¥46,000

hardcover in a slipcase
including a print signed / numbered by Vanessa Winship
print: 200 x 240 mm

144 pages
240 x 270 mm
black and white
limited edition of 50 copies
2018

SECOND EDITION
SPECIAL EDITION
SIGNED & NUMBERED ON PRINT AND BOOK BY VANESSA WINSHIP

published by MACK