SOPHIE by Camille Vivier

フランス人フォトグラファー、カミーユ・ヴィヴィエ(Camille Vivier)の作品集。4年ほど前にキャスティングエージェントを通じ、作者は「ソフィー」と出会った。

撮影の為に当時鍛え抜かれた身体の女性を探していました。ソフィーと出会い、彼女の力強い彫刻のような体に魅了されただけでなく、女性的で優しい彼女の顔にも魅かれました。ソフィーはボディービルディングを通じて表現したいことが沢山あるのではないかと感じました。今もその当時も、ボディービルディングをすることは、肉体的だけでなく比喩的な意味でも彼女自身を再構成する行為なのです

ソフィーは作者が作品を通じて表現しようとする性質の数々を体現している。まるで建築物のようなこのボディービルダーの肉体には、作者の興味を惹きつけてやまない主体と対象の両方の原動力が内に秘められている。また、それと同時に「女性らしさ」や「男性らしさ」とされているもの間の境界線を曖昧にしている。

自分自身のイメージを肯定し満足したいという、心の内側から湧き上がる私的な思いに導かれて自分自身を作り変えることによって、ソフィーは女性的な身体はこうあるべき、と規定する基準を書き換えていると感じさせる」- Another Magazine

Vivier met Sophie through a casting agent around four years ago. “I was looking for a very athletic woman for a photoshoot,” she recounts. “When I met Sophie, I was not only fascinated by her powerful, sculptural body but I was also drawn to her face which is sweet, feminine and tender. I felt that Sophie had a lot to say through her bodybuilding practice – it is, or at the time was, a reconstruction of herself in both an allegorical and a physical sense.” Sophie embodies many of the qualities that the photographer seeks to convey through her work: the architectural nature of the bodybuilder’s form encapsulates both the subject and object dynamic that so intrigues Vivier, while simultaneously blurring the boundaries between preconceived notions of femininity and masculinity.

I felt that by reshaping herself with a very intimate, strong and personal motivation to feel good and comfortable with her own image, Sophie was reshaping the criteria of what the feminine body is supposed to be.” (Another Magazine)

by Camille Vivier

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
80 pages
225 x 320 mm
color, black and white
limited edition of 1,500 copies
2019

published by ART PAPER EDITIONS