STILL, LOOKING. WORKS 1969-2016 by Billy Sullivan [SECOND EDITION]

アメリカ人アーティスト、フォトグラファーであるビリー・サリヴァン(Billy Sullivan)の作品集。1970年代初期よりニューヨークのアンダーグラウンドシーンやアート、ファッションをカメラと共に渡り歩き、そこで撮影した写真素材を元に油絵やパステル・ドローイング、そしてスライドショーのインスタレーション作品などを発表してきた。被写体は友人や家族、恋人たちやミューズから高級売春婦と幅広く、撮影場所もナイトクラブやアトリエ、散らかったホテルの部屋から優雅なビーチハウスまで様々であった。時間軸に全く沿わずに並べられたイメージの中においてアンダーグラウンドシーンと上流社会は常に近しいものであり、それはまるで、人生の浮き沈み、生への欲望と儚い若さとが表裏一体になっていることと同じようである。作者の写真やペインティング、ドローイングは、作品を特徴づけているカメラと絵筆の間で続いている対話であり、その写真は親密で官能的であり、かつ細部までよく観察されている。後期のペインティング作品では、40年前にカメラに収められた瞬間が時間の経過を拒み、あたかも昨日起きたばかりの出来事のように描かれる。その観察力は細部に至り、家族や恋人たち、夜遊び仲間やアート業界の人々全ての様相に日常の美や欲望、愛が常に存在する。強調するような効果や覗き見行為、皮肉や感傷、哀愁といった要素を用いず、被写体と接する時の誠実な姿勢こそが作品の鍵となっている。作者はそれぞれの作品にコメントや価値観をつけずに並べ、視覚的な自伝として本書をまとめている。それは同時に、自由奔放なニューヨークの年代記でもあるのかもしれない。

Since the early 1970s Billy Sullivan has accompanied New York’s underground, art and fashion scenes with his camera, using the resultant photographic material as templates for oil paintings, pastel drawings and elaborate multi-part slideshow installations. Sullivan shows his friends, family, lovers and muses, as well as the worlds and demimondes in which they move: clubs, ateliers, rumpled hotel rooms and elegant beach houses. In Sullivan’s imagery, which dispenses with any chronological order, the underground scene, the cultural elite and high society are always very close together, as are surface and abyss, the lust for life and the transience of youth. This distillation of Sullivan’s photographs, paintings and drawings showcases an ongoing dialogue between camera and paintbrush that characterizese his work. Sullivan's pictures are intimate, sensual and minutely observed. In his latter-day paintings, moments captured by his camera forty years back look as though they’d taken place only yesterday, defying the passage of time. They are unabatedly existential in their painstaking observation of casual beauty, desire and love in their every facet – between family members, lovers, fly-by-night acquaintances and kindred artistic spirits. Sullivan succeeds in doing wholly without shock effects, voyeurism, irony and maudlin melancholy. The key to his work lies in the sincerity with which he approaches his subjects and to which they respond in kind. He juxtaposes images without comment or value judgment, piecing them together into a visual autobiography that is at the same time a chronicle of bohemian New York.

by Billy Sullivan

REGULAR PRICE ¥7,800

hardcover
296 pages
300 x 235 mm
color
2016 (2019)

SECOND EDITION

published by EDITION PATRICK FREY