SUBSCRIPTION SERIES #6 by Guido Guidi, Jason Fulford, Gregory Halpern, Viviane Sassen

アメリカ・オークランドを拠点とするインディペンデント出版社「TBW BOOKS」が4人の写真家をキュレーションし、同じフォーマットでそれぞれの作品集を1セットにまとめて発行する「Subscription Series」の第6弾。今回はイタリア・チェゼーナ出身のグイド・グイディ(Guido Guidi)やアメリカ出身のジェイソン・フルフォード(Jason Fulford)、グレゴリー・ハルパーン(Gregory Halpern)、オランダ出身のヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)という4人が参加し、シュールな感覚に満ちた4冊の写真集を通じて時間の流れや自然現象の曖昧さなどを描き出している。異なる作品が一堂に会することによってそれぞれの物語が本と本の間に連続性を織りなし、40年間に渡る時間を捉えた写真群による幻想的なタイムラインを浮かび上がらせている。

グイド・グイディ「DIETRO CASA
どこか奇妙な雰囲気と遊び心に溢れたグイド・グイディのヴィジュアルジャーナル。本作は、取り立てて見るところのない小石の山のイメージで幕を開ける。1980年代のイタリアという過ぎし日々を彷彿とさせる本作において、この小石の山は物語のペースを決めるメトロノームの役割を持つだけでなく、かの偉大なウォーカー・エバンス(Walker Evans)へのオマージュにもなっている。猫が道を横切り、なんとなしに心惹かれる家の裏(Dietro Casa)という空間を友達同士で探検し、我々の視界を越えて多重露光のような幻が現れ、少女がこの本の見せる優しい夢から目を覚ます。その流れの中で、小石の山の姿やサイズは少しづつ変化していく。自由自在にカメラを操る作者の優れた技量が、写真にパフォーマンスと映画の要素を付け加え、極めて優美な舞台を作り上げている。またこの舞台をベースに花開いて続く3冊の本のトーンも、本書で見事に設定されている。

ジェイソン・フルフォード「CLAYTON'S ASCENT
ジェイソン・フルフォードらしい独特のユーモアが光る、示唆に富んだシークエンスとレイアウトの使い方が秀逸な本書は、1冊目のグイド・グイディによる『DIETRO CASA』の魅力をさらに引き立てる。1997年から2003年にかけてアメリカをバイクで旅しながら撮影した写真は、謎めいた予兆に満ちた鮮やかな飽和色で塗りこめられ、現実に存在するものと人の手で作りだされたものとの間に曖昧な境界線を引く。1835年に実施され歴史にその名を残した9時間の気球の旅から名付けられた本書において、作者は「観察者」と「主人公」という2足の草鞋を履いている。美しくも荒々しさが残るアメリカの風景から屋内競技場の観覧席の最上段へ、視点はシーンからシーンへと移りゆく。最後に我々は天を仰いで空に上昇し、遠ざかっていく地球に雲の上から別れを告げる。

グレゴリー・ハルパーン「CONFEDERATE MOONS
アメリカ本土を太平洋側から大西洋側まで縦断するルートを通った2017年8月21日の皆既日食は「The Great American Eclipse」と呼ばれ、全米を熱狂させた。この非常に珍しいつかの間のイベントを撮影するにあたり作者は、ノースカロライナ州とサウスカロライナ州をその舞台に選択。前回、アメリカ全土を横断する皆既日食が発生したのは1918年7月8日だった。この天体の偶然が生み出したドラマと、そのすぐ前後に起きた人生における重大な出来事がどのように交差しているのか作者の興味は傾いていた。本書アイデアが皆既日食から来たことは疑いようもないが、その結果として生まれた本作は、最終的にアメリカの現状や何が我々を引き裂き、あるいは1つにまとまっていくのかという考察に転じている。

アメリカ中の人々が一斉に太陽を見つめ、一時的とは言え月が全ての生命の源を完全にかき消す様子を見つめるという、終末的なスリルに皆酔いしれている。私はそんな考えに魅了された。」-グレゴリー・ハルパーン

ヴィヴィアン・サッセン「HELIOTROPE
本書内のイメージを通じて、ヴィヴィアン・サッセンは直近の旅で訪れたエチオピア、モロッコ、モザンビーク、セネガル、そして南アフリカ共和国で撮影した写真を如何に作品にし編集するか新しい方法を模索した。本書は作者の過去の作品とは全く違う新しい方向性を見せており、同時にまだ幼子に過ぎない写真という媒体が無限の技術的な可能性に満ちているということを示唆している。

撮影したイメージ群、そして世界に対する自分自身の見方をひっくり返すことを目指しました。慣れ親しんだ光景を再検討・再解釈し、今までにない理解を得るために、色や図形の形をツールとして使いました。ありふれたつまらないものと不可思議で魅力的なものが1つに混ざり合う。このシリーズは、物理的であれ比喩的であれまだ見ぬ領域を探求したいという衝動に突き動かされて作り上げました。」-ヴィヴィアン・サッセン

TBW’s sixth Subscription Series gathers four artist, have each crafted a monograph charged with an essence of the surreal, exploring the passage of time and the imprecise nature of the phenomenal. Together, these narratives weave a continuum from book to book, creating a dreamlike photographic timeline spanning 40 years.

BOOK #1
Guido Guidi - Dietro Casa
A prosaic rock pile marks our entry into Guido Guidi’s playfully strange visual journal, a nod to the days past of early 1980s Italy. Acting as both metronome setting the narrative pace and homage to the great Walker Evans, the rock pile ebbs into new shapes and sizes as cats cross paths, friends survey the curious space that is Dietro Casa (“behind the house”), apparitions double-expose across our field of vision, and a young girl wakes from the book's gentle dreamscape. Guidi’s command of the medium lends itself to performance and cinema, establishing the tone for the three books that follow as they build on the ethereal stage he so masterfully sets.

BOOK #2
Jason Fulford - Clayton's Ascent
Employing a playful and thought provoking use of sequencing and layout that is unmistakably Jason Fulford's, Clayton’s Ascent is a fitting complement to Dietro Casa. Shot between 1997 and 2003 while traveling the US by motorcycle, Fulford’s saturated colors are infused with a veiled foreboding, drawing a blurred line between the real and artificial. Deriving its title from the historic, 1835 nine-hour hot air balloon excursion, Fulford fills the shoes of observer and protagonist, as our sights shift from scenes of a simultaneously fantastic and tumultuous American landscape, to the top tiers of indoor arenas, and finally arcing towards the heavens as we gaze down from above the clouds bidding a receding Earth farewell.

BOOK #3
Gregory Halpern - Confederate Moons
During a summer marked by a total eclipse of the sun, known colloquially as "The Great American Eclipse" Halpern chose North and South Carolina as the stage in which to capture this rare and fleeting event, one which had not been visible across the entire contiguous United States since June 8th, 1918.

Halpern was particularly drawn to the ways in which the drama of that celestial coincidence intersected with the moments of life that directly preceded and followed it that year. Although the idea for the book was initially inspired by this celestial phenomenon, the work ultimately became more of a meditation of the current state of the nation and on that which separates and conversely bring us together. “I was fascinated,” Halpern says, “by the idea that the entire nation was staring at the sun, reveiling in the apocalyptic thrill of watching the moon temporarily extinguish our life-source, all together.



BOOK #4
Viviane Sassen - Heliotrope
Heliotrope is a collection of images in which Sassen investigates new ways of making and altering photographs that she shot on recent travels to Ethiopia, Morocco, Mozambique, Senegal and South Africa. "I aim at subverting the way I look at these images, and at the world. Color, graphic shapes and shadows are my tools to revisit, reinterpret and gather a different understanding of what seems familiar. The ordinary and the magical merge. The series is underpinned by the impulse to explore unknown territories, physical or metaphorical." A clear departure from Sassen's previous book works, Heliotrope alludes to a photographic future with endless technical possibilities for a medium still in its infancy.

by Gregory Halpern , Guido Guidi , Jason Fulford , Viviane Sassen

REGULAR PRICE ¥18,000

hardcover 
4 books in a set

44 pages each
222 x 279 mm
color, black and white
limited edition of 1,000 copies
2018

published by TBW BOOKS

ZZYZX by Gregory Halpern [FIRST EDITION, THIRD PRINTING]
SOLD OUT ZZYZX by Gregory Halpern [FIRST EDITION, SECOND PRINTING]
SOLD OUT ZZYZX by Gregory Halpern [FIRST EDITION, FIRST PRINTING]
SPECIAL EDITION ZZYZX by Gregory Halpern [SPECIAL EDITION (BEACH)]
SPECIAL EDITION ZZYZX by Gregory Halpern [SPECIAL EDITION (HEAD)]
SOLD OUT ZZYZX by Gregory Halpern [SPECIAL EDITION (TREE)]
HARVARD WORKS BECAUSE WE DO by Gregory Halpern
SOLD OUT PER STRADA by Guido Guidi [SIGNED]
VERAMENTE by Guido Guidi
SIGNED PREGANZIOL, 1983 by Guido Guidi [SIGNED]
A SELECTION FROM A DECADE
ROXANE II by Viviane Sassen [SECOND EDITION]
SOLD OUT ROXANE II by Viviane Sassen [FIRST EDITION]
SOLD OUT UMBRA by Viviane Sassen [SECOND EDITION / SIGNED]
SOLD OUT ETAN & ME by Viviane Sassen
SOLD OUT ETAN & ME by Viviane Sassen [SIGNED]
SOLD OUT ROXANE by Viviane Sassen
SOLD OUT ROXANE, 2011 by Viviane Sassen [FRAMED / EXCLUSIVE]
SOLD OUT DIE SON SIEN ALLES by Viviane Sassen [SECOND EDITION]
SOLD OUT DIE SON SIEN ALLES by Viviane Sassen [SECOND EDITION / SIGNED]
SOLD OUT SOL & LUNA by Viviane Sassen [SECOND EDITION]
SOLD OUT SKETCHES by Viviane Sassen [SECOND EDITION]
SOLD OUT SKETCHES by Viviane Sassen [FIRST EDITION / SIGNED]