THE GODS by Ivar Wigan

スコットランド人フォトグラファー、アイヴァー・ウィガン(Ivar Wigan)の初作品集。本書は、2016年にLAのギャラリー「LITTLE BIG MAN GALLERY」で開催された作品展にあわせて制作された展覧会図録であり、同ギャラリーが主宰する出版社「LITTLE BIG MAN BOOKS」が設立したリトルプレスプロジェクト「LITTLE BIG MAN MINI EDITIONS」の第2弾刊行物。本作は、アメリカ南部のアンダーグラウンドなヒップ・ホップシーンやストリートカルチャーを記録、主にマイアミやアトランタ、ニューオリンズで撮影された。社会の主流として扱われずに過小評価され称賛も共感も受けなかった文化を大胆かつ挑戦的に写し取っている。タイトルである「THE GODS」は被写体のコミュニティーに由来しており、ベテランのハスラー(※註)を意味し、「ストリート」そのものを生き抜いた者、もしくは迷路のように入り組んだアメリカの刑務所から生き延びた者たちのことも指す。このような犯罪じみたコミュニティーと見なされかねない担ぎ上げこそが、作者の主たるテーマとなっている。

※註 詐欺や博打、違法ドラッグの売買でお金を稼ぐ人を指す

Not a magazine, not a book. The MINI series offers a selection of work from 25 established and emerging artists in corresponding volumes. Volume 2 of the MINI Series, “The Gods” presents the first printed work by Scottish photographer Ivar Wigan. Selections are curated from his greater body of photographs of the same title.

Wigan documents scenes from underground hip-hop and street culture in the American South. Taken throughout multiple cities—predominately in Miami, Atlanta and New Orleans—the images are a defiant celebration of marginalized culture, suffered with a sense of admiration and empathy. The title of the work dedicated to a term from the community, a ‘God’ is a veteran hustler—someone who has either survived the ‘streets’ and/or the complex maze of America’s prison system. This lionization of what might be considered a transgressive community is a central theme of Wigan’s work.

REGULAR PRICE ¥4,000

softcover
32 pages
241 x 323 mm
color
limited edition of 350 copies
2017

published by LITTLE BIG MAN BOOKS