TTP by Hayahisa Tomiyasu

日本人写真家、富安隼久(Hayahisa Tomiyasu)の初作品集。ドイツ・ライプツィヒで、当時作者が住んでいた学生寮の部屋の窓から撮影した写真で構成。8階の南向きの部屋から見渡せる公園に置かれた卓球台に焦点を当て、デッドパン・スタイル(※註)を用いて定点観測的に撮影。その間に時刻や季節、公園に訪れる人々が移ろいでいく。タイトル「TTP」を意味する「tischtennisplatte(卓球台)」が本来の卓球台として使われるだけでなく、日光浴であったり、スケートボードの障害物、物干し、子供がよじ登る遊具、ミーティングスポット、賑やかな通りからの避難場所などその用途は数知れず、ページをめくるたびにこの卓球台が異なる表情を見せる。作者の長きに渡る好奇心の結果、人間の行動から滲む習性やユーモア、それぞれの人の持つ独特な気質をこの謙虚に鎮座する卓球台のもとで垣間見ることができる。本書は、イギリスの出版社MACKが主催する過去に写真集出版経験の無い作家の出版支援を目的とする「First Book Award」の2018年グランプリ受賞に伴い刊行。

※註 主観や感傷、ドラマチックな誇張を可能な限り抑え、対象を客観的、中立的に描写する手法

TTP is a series of photographs made from the window of Hayahisa Tomiyasu's eighth-floor student apartment in the German city of Leipzig. His southfacing view encompasses a public park with a ping pong table, which is the focus of his deadpan pictures. Each image is similarly composed, while the times of day, the seasons and the visitors to the table change. As we turn the page the function of the table mutates, from a tischtennisplatte (table tennis table) to a sun bed, a skate obstacle, a laundry counter, a kids' climbing frame, a work-out meeting spot, and a refuge from busy streets, among numerous other uses. Thanks to Tomiyasu's sustained curiosity, we observe the habits, humour and idiosyncrasies of human behaviour at the foot of this humble table.

by Hayahisa Tomiyasu

REGULAR PRICE ¥5,550

softcover
260 pages
200 x 270 mm
color
2018

winner of the First Book Award 2018

published by MACK