VANDALISM by John Divola

アメリカ人フォトグラファー、ジョン・ディボラ(John Divola)の作品集。作者が20代半ばを迎えた1974年から1975年の間、当時自身のスタジオを持っていなかった作者は撮影する場所を求めロサンゼルス中の廃墟を徘徊していた。カメラとスプレー塗料、糸、ボール紙を携えて制作した作品は、やがて作者にとって最も重要なシリーズの一つ、「VANDALISM」として完成した。空き家となった場所にグラフィティとも星座とも捉えうる抽象的な図像を描き、儀式でも始めるかのような形に糸を張り巡らせ、ボール紙を引きちぎり、直感に任せてヴァンダライズ(※註)ののち、それを撮影。このプロジェクトは、パフォーマンスや彫刻、インスタレーションを繰り返し積極的に施した「犯罪現場写真」の記録であり、ドキュメンタリーと芸術との中間にあるコンセプチュアルな破壊行為の描写として制作され、写真の「誠実さ」というものが問われた時、本シリーズこそが作者の生み出す極めて独創的な写真言語を確立させる作品となる。

※註 芸術品・公共物・私有財産などを故意に汚染、破壊すること。通常、違法である。

Between 1974 and 1975, the American photographer John Divola – then in his mid twenties and without a studio of his own – travelled across Los Angeles in search of dilapidated properties in which to make photographs. Armed with a camera, spray paint, string and cardboard, the artist would produce one of his most significant photographic projects entitled Vandalism. In this visceral, black and white series of images Divola vandalised vacant homes with abstract constellations of graffiti-like marks, ritualistic configurations of string hooked to pins, and torn arrangements of card, before cataloguing the results. The project vigorously merged the documentary approach of forensic photography with staged interventions echoing performance, sculpture and installation art. Serving as a conceptual sabotaging of the delineations between such documentary and artistic practices, at a time when the ‘truthfulness’ of photography was being called into question, Vandalism helped to establish Divola’s highly distinctive photographic language.

by John Divola

REGULAR PRICE ¥6,000

hardcover
120 pages
235 x 235 mm
black and white
2018

published by MACK