VARRIO by Gusmano Cesaretti

イタリア人フォトグラファー、ガスマノ・セサレッティ(Gusmano Cesaretti)の最初期のシリーズが収録された作品集。2017-2018年にLITTLE BIG MAN GALLERY(アメリカ)にて開催された同名の展覧会に伴い刊行。幼少期よりアメリカの文化に憧れを抱いていた作者は、カリフォルニアの地で独学で写真を学び、その後1970年代初頭にイースト・ロサンゼルスのコミュニティを記録し始めた。作者が現地のグラフィティやローライダー(※註)文化といったその地域独特の型破りなライフスタイルに魅了されたのは、カークラブ「Klique」のメンバーに出会ったことがきっかけだった。ローライダーだけでなくコミュニティ全体やそこで暮らす人々の生き様を記録し続け、長年にわたり作者とメンバーは互いに尊敬を高め友情を築き上げていった。被写体と接触し、近づき、より親しくなる道具としてカメラを用いた作者のアプローチは私的であり、その関係と共に生まれたイメージは、その時代を表す重要な「証言」と言えるだろう。

私にとって写真は、我々をコントロールし、刺激し、動かすような感情の状態を追求することなのだ。

独特のスタイルで現像された粗いモノクロ写真は、人や場所、そしてそれぞれの関係性が孕む人生の複雑さを写し取り、被写体のありのままの姿と情緒的なコントラストを生み出している。

※註 車高を低く改造したりペイントを施した車。ヒスパニック系やラテン系から発祥した文化。

VARRIO by Gusmano Cesaretti, Italian born artist Cesaretti self-taught in photography was one of the first to document the East Los Angeles community in the early 1970s. He created a prolific body of work which introduces viewers to an alternative lifestyle in particular the Graffiti and Lowrider scene. It was through his fascination and curiosity that led Cesaretti to meet members of the East LA's "Klique" Car Club. Developing a mutual respect and friendship that built over the years as he continued to photograph not only the Lowrider scene but an entire community and their lives. This work is an enduring witness to the past. Cesaretti's approach to photography is personal, while using his camera as a tool to create contact, closeness and intimacy. “It is an investigation of the emotional states that control us, inspire us, and keep us moving.” The images capture life’s complexities: people, places and the relationships between them. Cesaretti shoots primarily in black and white, creating stark visual and emotional contrasts.

by Gusmano Cesaretti

REGULAR PRICE ¥8,400

softcover
272 pages
218 x 274 mm
color, black and white
limited edition of 700 copies
2017

published by LITTLE BIG MAN BOOKS