VISITOR by Vincent Ferrané

フランス人フォトグラファー、ヴァンサン・フェラーネ(Vincent Ferrané)の作品集。パリの女性アーティスト17名をそれぞれのスタジオで撮ったシリーズを一冊に纏めたもの。アーティストにとってアトリエは単なる仕事場ではない。時には秘密にされることもある、親密で複雑な性格を帯びたこの空間は、自由と実験に捧げられた場所であり、アーティストたちはここで制作に没頭し芸術家の苦悩を味わう。フランス語で「深淵の状態にすること」という意味の「ミザナビーム(Mise en abyme)」は、あるモチーフ、または主題の中に、同じようなモチーフが入れ子構造で入っている表現・手法を指すが、アーティストとその作品にとってアトリエはまさにこのミザナビームの場所であり、そこではどんなに些細な事でもきちんとした理由を持っている。美術史家のリンダ・ノックリン(Linda Nochlin)は、1971年に発表した先駆手的なエッセイ『Why Have There Been No Great Women Artists?(なぜ偉大な女性アーティストが生まれなかったのか?)』の中で美術史とその権威的な団体について痛烈な批判を述べたが、その頃に比べれば女性アーティストを取り巻く状況は確かに好転したといえるだろう。しかし、芸術学校では生徒の大半が女性であるというのに、2018年現在、芸術分野で活躍している女性アーティストは未だに少数派である。作者は、神秘のベールに包まれた創作行為とアーティストの張りつめた精神状態やひたむきな姿勢を写真に捉えるためにその距離感を探った。本書に出てくる女性たちは、典型的な「女性アーティスト」のカテゴリーには当てはまらないが、彼女たちがアーティストであるということはイメージに切り取られた制作プロセス、ジェスチャー、使っている道具、彼女たちの身体と制作中の作品との関係性を見ればおのずから明らかである。本作は、こうしたアーティストたちのポートレイトが持つ絶妙なバランスの上に成り立っている。「女性であること」はその他の数々の要素の一つ過ぎないと名言することはできるだろうか。同じ女性アーティストでも、特にこれを自分の作品の中心に据えることを戦略的に選択したアーティストにとっては必要不可欠な要素なのかもしれないが、「女性であること」は二次的あるいは偶然の結果でしかないと考えているアーティストもいる。本書において被写体は、キュレーションの概念からは離れて女性であることを第一条件に、あるいはジェンダー研究の観点から選ばれている。アトリエという空間と、制作途中の作品に息づいている何かが生まれる貴重な時間。そのような通常では見えない部分を収めた本作は、17名の女性アーティストたちがスタジオで日々成し遂げている素晴らしい偉業をつぶさに見つめる機会を与えてくれる。本書に登場する女性アーティストたちは、全員がパリの新しいアートシーンの一員で、絵画、彫刻、インスタレーション、パフォーマンなど幅広い芸術活動に携わっている。

参加アーティスト(登場順):アメリ―・ベルトラン(Amélie Bertrand)、アポロニア・ソコル(Apolonia Sokol)、カロリーヌ・コルバッソン(Caroline Corbasson)、クロエ・クエナム(Chloé Quenum)、エヴァ・ニールセン(Eva Nielsen)、ジョージア・ラッセル(Georgia Russell)、ジャンヌ・ブリアン(Jeanne Briand)、ジェニファー・コーベ(Jennifer Caubet)、ジュリー・ボーフィス(Julie Beaufils)、ルシール・ウルリヒ(Lucille Uhlrich)、マリオン・ヴァーブーム(Marion Verboom)、マチルド・ドゥニーズ(Mathilde Denize)、モード・マリス(Maude Maris)、ミモザ・エシャール(Mimosa Echard)、ミレイユ・ブラン(Mireille Blanc)、サラ・トルシェ(Sarah Trouche)、ゾエ・ドゥ・スマニャック(Zoé de Soumagnat)

プレオーダー ※2019年1月入荷予定

Visitor by Vincent Ferrané (b. 1974, French) is a series of photographs of women artists in their studio in Paris. The artist atelier is not just any space. Often secret, intimate and complex, it is a zone of freedom and experimentation but also of hard work and doubts; a place of « mise en abyme » for the artist and the work of art, where every detail can make sense. For women artists, things have changed for the better since Linda Nochlin's scathing statement on art history and institutions in her 1971 pioneering essay Why Have There Been No Great Women Artists? However, being sometimes in the majority in art schools, women artists are still under-represented in the art world in 2018. Visitor strives to find the right distance to capture the mystery, extreme tension and commitment of artistic work. The corpus of images are based on the subtle balance of portraits of women artists who are not in an archetypal representation but who can be guessed by touches through their process, gestures, tools, and the relation between their body and the piece of art that they are creating. Can being a woman be considered as one element among others; sometimes essential, especially for the artists who have strategically chosen to place it as the center of their creation—sometimes secondary or incidental? Stepping aside from an idea of a curation under the main criterion of being a woman or a gender study, Visitor invites to discover the space and the precious time of the creation contained in a work in progress—to observe what makes history in the studio of these seventeen women artists.

In order of appearance: Amélie Bertrand, Apolonia Sokol, Caroline Corbasson, Chloé Quenum, Eva Nielsen, Georgia Russell, Jeanne Briand, Jennifer Caubet, Julie Beaufils, Lucille Uhlrich, Marion Verboom, Mathilde Denize, Maude Maris, Mimosa Echard, Mireille Blanc, Sarah Trouche and Zoé de Soumagnat.

The portrayed artists are all part of the emerging art scene and work in Paris within varied artistic practices, such as painting, sculpture, installation, performance, etc.

Available for pre-order now, will be shipped in January 2019

by Vincent Ferrané

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover
104 pages
215 x 275 mm
color
limited edition of 500 copies
2018

PRE ORDER *SHIPPED IN JAN 2019

published by LIBRARYMAN