WALKING THE SPACE by Lucio Fontana

イタリア人アーティスト、ルーチョ・フォンタナ(Lucio Fontana)の作品集。2020年にロサンゼルスのギャラリー「Hauser & Wirth」で開催された同タイトルの展覧会を記録した1冊。空間主義運動の創始者でありイタリアの巨匠として知られている作者の時代を先取りしたシリーズ「Ambienti spaziali」(空間的環境 / Spatial Environments)をアメリカで初めて包括的に紹介したインスタレーションの様子を見ることができる。本書は、ルーチョ・フォンタナ財団(ミラノ)との共同編集にて刊行。キュレーターのルカ・マッシモ・バルベロ(Luca Massimo Barbero)は、コンセプチュアル・アートの進化および人間の知覚体験の様々な側面を探求する手段としてのアートと科学技術の融合における作者の重要な貢献について4章に渡って論じている。 未来を見つめた革新的な作品によって今なお世界中のアーティストに影響を与え続けている作者が最初の「環境」を考案したのは1948年。これは、没入型の概念的および空間的表現を作り出したピエロ・マンゾーニ(Piero Manzoni)、草間彌生、ジェームズ・タレル(James Turrell)などの傑出したアーティストたちの登場よりも遥かに前のことであった。

This important publication documents an exhibition of the same title that was displayed at Hauser & Wirth Los Angeles in spring 2020, including installation views of this first comprehensive presentation in the US of the late Italian master's groundbreaking 'Ambienti spaziali (Spatial Environments)'. The book is edited in collaboration with the Fondazione Lucio Fontana (Milan) and includes an extensive text in four chapters by curator Luca Massimo Barbero, analyzing Fontana's critical contribution to the evolution of conceptual art and the confluence of art with science and technology as a means to explore aspects of human perceptual experience. Fontana, a visionary whose revolutionary practice continues to exert influence upon artists internationally, conceived his first environment in 1948, significantly predating and anticipating the immersive conceptual and spatial achievements of such defining figures as Piero Manzoni, Yayoi Kusama, and James Turrell.

by Lucio Fontana

REGULAR PRICE ¥9,350  (tax incl.)

hardcover
184 pages
240 x 320 mm
color, black and white
2021

published by HAUSER & WIRTH

published by WALTHER KÖNIG