WATER LINE. A STORY OF THE PO RIVER by Sohei Nishino [SIGNED]

日本人写真家、西野壮平の作品集。作者にとって2作目の写真集であり、100点以上のスナップ写真とコラージュ作品を収録する。ピエモンテ山脈を水源に持つ全長600kmを超えるポー川は、イタリア北部の4つの州を横断して河口に広大なデルタ地帯を形成し、アドリア海に注ぐ。イタリア国内で最も長いこの川の沿岸には1,600万人の人々が暮らし、イタリアの工業と農業の生産量の3分の1以上がここに集中している。2017年にポー川に沿って旅をした作者は何百枚もの写真を撮り、現像したイメージを切り貼りしたコラージュから1つの巨大な絵物語を作り上げた。様々な視点や言語が共存する作品の世界では、地図とジオラマが混然一体となって新たな現実を形成している。生き生きとした生命の躍動に満ち溢れたポー川のポートレイトは、 流域で出会った人々の顔、工業地帯の風景、ちらりと見える川面、都市の景観、そして川を舞台にした日々の光景から構成されている。こうしてディテールと広い視点が結びつき、無数のイメージがちりばめられたシンフォニーが誕生した。これらの中心に存在するポー川は、あらゆる存在を受け入れる母なる川であり、同時に連綿と続く生命の流れを象徴している。

The Po river flows for over 600 km through four different regions of Northern Italy, from its source in the mountains of Piedmont to its wide delta in the Adriatic Sea. About 16 million people live along the banks of the longest river in Italy, and more than a third of Italian industries and agricultural production are concentrated here. In 2017 the Japanese photographer Sohei Nishino traveled along the river, taking hundreds of photographs, which he then printed, combined in collage and arranged on large tableaux. The works created by Nishino are a habitat to different perspectives and languages in which map and diorama blend harmoniously to give life to a new vision of reality. Swarming with life, this image of the river is composed of a multitude of faces, industrial landscapes, glimpses of the river, city views and scenes of everyday life, thus combining details and broad views, and creating an image-filled polyptych. At the center of all is the river, understood as a fundamental condition for existence and a symbol of its continuous flow. 'Water Line. A Story of the Po River,’ the photographer's second monograph, brings together over a hundred black and white images never published before.

by Sohei Nishino

REGULAR PRICE ¥3,900

hardcover
120 pages
248 x 248 mm
black and white
2019

SIGNED BY SOHEI NISHINO

published by DAMIANI