WHEN THE OCEAN SOUNDS by David Horvitz [SIGNED]

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのアメリカン・ジャパニーズアーティスト、デヴィッド・ホーヴィッツ(David Horvitz)の作品集。作者は人の声で海の音色を奏でることを目指し『When the ocean sounds』を作曲した。環境問題の古典『沈黙の春』で知られる海洋生物学者・作家のレイチェル・カーソン(Rachel Carson)は、人の血液と海水の塩分濃度は等しいと書いたが、本作はそこからインスピレーションを得ている。「全ての生命は海に育まれている」という理論はこの考えに支えられている。原始生命体を想像してみると、その小さな体には多孔性の肌や細胞壁を通って海水が自由に出入りしていた。しかし、いつからかどこかで生命の進化が始まった。海から上がり、体内に水分を貯めていられるように様々な姿へと変化を遂げた。体内の水分は根本的に海水であり、あの頃の生き物たちも、そして我々も、どこへ行こうとも常に体内に海を抱えているのである。海の音色を書き起こし演奏することは、見方を変えれば自分の内側に耳を傾け、黙想したことを表現することと同じである。そしてこの行為は、自分が本当に海の一部であることを想像し、思い出すための訓練でもある。51人で演奏することを念頭に置いて書かれた楽譜を60gsmの上質紙に印刷し、PVCのスリーブに収納。スリーブの上面にはシルクスクリーンでインストラクションが印刷されている。

David Horvitz made the score ‘When the ocean sounds’ for human voices intended to mimic the sound of the sea. The work is linked to an idea of maritime biologist Rachel Carson, who wrote that the percentage of salt in the sea is equal to the salinity of our blood. This idea supports a theory that all life comes from the sea. Imagine the first life forms, with porous skin or cell walls, through which the sea could freely flow into and out of their small bodies. At a certain moment, however, these life forms evolve. They come out of the sea and develop a different type of skin, one that allows them to keep liquids within their bodies. These liquids are ultimately seawater, and so the creatures – as do we – carry the sea with them, no matter where they go. In a way, transcribing and performing the sounds of the sea are exercises in listening and meditating out loud. At the same time, they are exercises in imagining or remembering that we are actually
part of the sea. Intended to be performed by 51 participants, the score is printed on 60gsm uncoated paper, and slipped in a silkscreened PVC sleeve, with instructions printed on front.

by David Horvitz

REGULAR PRICE ¥4,800

unbound book in a PVC sleeve
104 pages
240 x 320 mm
black and white
limited edition of 500 copies
2018

SIGNED BY DAVID HORVITZ

published by YVON LAMBERT