WHISTLE / 口笛 by Haruto Hoshi [SIGNED]

日本人写真家、星玄人による作品集。1970年に横浜で生まれた作者は、10代の前半から都市での生活の暗部に心を惹きつけられていた。現代写真研究所で学んだ後も、再びカメラを片手にまた同じ街へと戻っていた。渡辺克巳や倉田精二といった写真家のスタイルを自然と受け継ぐように表現してきた星玄人の「ストリート」は、容赦無く生々しさを帯び、残酷なまでにごまかしがなく、まるで被写体に向けて当てたフラッシュのように激しく妥協のない作品として表れている。ヤクザ、ホステス、女装趣味の男性や男装をする女性、極右支持者、ユース・カルチャー、薬物中毒者、身体障がい者- その風景は、観光客が決して目にすることのない景色だ。そこに写るのは星玄人のストリートが並ぶ星玄人の街であり、そこを放浪する者へとこの物語を託している。本書のタイトル「WHISTLE(口笛)」が持つ言葉の意味は、多くの結論を観る者にもたらしている。我々が夜の闇へと歩みを進めるにつれ、不安定な口笛のメロディーが心の鬱積から解き放つように鳴り響く。それは、他者に向けたシグナルとして記号化された「口笛」か。それとも純粋な、はたまたおおよそ純粋な音のような、口笛そのものが持つ特徴ですらあるだろう。

Haruto born 1970 in Yokohama, Kanagawa prefecture. Hoshi Haruto since his early teenage years has always had a fascination with the underbelly of city life. After studying Photography at the Contemporary Photo Research institute, he once again found himself back on these same streets with camera in hand.
Hoshi is the natural successor to the likes of Katsumi Watanabe and Seiji Kurata. Raw unforgiving and brutally honest His streets are as hard and uncompromising as his camera flash. Yakuza, Hostesses, Transvestites, the far right, youth culture, freaks and cripples. The city that the tourist never sees. This is Hoshi's city these are his streets. Each image leaving the narrative to the unsettled viewer. The title itself "whistle" leads us to many conclusions in its meaning. The uneasy whistling tune one blows to ward off the nerves as you walk into the night. A coded whistle as a signal to another. Or even the characteristic of a whistle itself something of pure, or nearly pure, tone.

by Haruto Hoshi

REGULAR PRICE ¥6,200

hardcover with ring binding 
110 pages
279 x 356 mm
color
limited edition of 1,000 copies
2017

SIGNED BY HARUTO HOSHI

published by LITTLE BIG MAN BOOKS